車を売る場合には車を査定してもらうことが多い

車を売ろう!と思うとき、車検切れでどうするべきか迷うこ

車を売ろう!と思うとき、車検切れでどうするべきか迷うことがあります。

車を少しでも高く売るには車検に出した方が良いのではないかと思うかもしれません。でも、それは間違いなのです。

もし車検に出しても、割に合う査定額の上乗せは望めないのです。車検が切れた状態で査定に出した方が全体的にお得なのです。



世間では、車査定を夜に受けた方が良いという話もありますが、それは違います。

暗いうちに査定を受けるということはその分だけ慎重な査定になるため、かえって昼の査定よりも低い査定額を提示されてしまうこともあるでしょう。


夜間での現物査定を受けたとして買取価格が高額になったとしても、明るいときに傷や劣化が判明すれば結局のところ、減額されてしまいますので、昼間に査定を受けることをおススメします。



中古車を購入する際に気になる条件といえば、年式に付け加えて走行距離になりますよね。概ね中古車の走行距離というのは、1年間で1万kmほどと考えられています。そうなれば、10年間乗って10万km走行くらいが一般的な中古車の走行距離ということになります。

買取を利用する際に、WEB査定の利用が一般的と思われます。
一括査定なら、どこにも出かけなくても複数社の買取額を比較することができます。
ただし、ウェブ査定は実際の査定とは異なるので、実際に査定に来てもらうと当然WEB査定よりも額が下がることも考えられます。それと、WEB査定の時点では敢えて高い買取額を見せておいて、実際の査定になった途端に安い額を持ち出し、売るまで帰らないような悪質な業者があるため、くれぐれも注意しましょう。

中古車の買取してもらう場合に査定の金額を上げようと車検切れの車を車検に出す方も多いです。査定業者では自社の工場にて車検を通しているところが、結構あるので、多少、上がった査定金額より自分で通した車検の代金の方がかかるのです。

そう考えても、車検が間近に迫った際でも、そのまま、とりあえず査定を受けた方が得なのです。



どんなケースでも車の査定は走った距離が短いほど査定の額が高くなります。

走行した距離が長い方が車の状態が悪くなるからです。

そう言っても、走行距離のメーターをいじってしまうとそれは詐欺ですから、走行した分は諦めるしかありません。

これからは車を売りに出すことまで考えて無駄には走らないようにすることをお勧めします。車を廃車にする時に還付されるのを自動車税と言いますが、実は車買取に出した場合にも還付されることをご存知の方は少ないと思います。車を手放す時には、自動車税の残存分を返金してもらうことができることがあります。逆に言えば中古車を購入するときには、次の年度までの期間によって購入者が払う必要があります。自分の車は以前事故に遭っています。フレームの修復をしてもらったことがあるので、厳密に言えば修理歴ありということになります。とはいえ、相当注意して見ないと修理の痕跡はわかりません。


業者に買取を依頼する際に修理歴のことは言わなくてもいいのでしょうか。後からバレて減額を要求されても嫌ですし、訴えられたりしたら只事ではありません。



様々なリスクが絡んでくると思うと、修理歴のことは正直に報告しておくことにしました。
「低年式車でも買い取ってもらえた」と言う人がいます。


彼の車は海外で人気のスポーツカーなのでナルホドなあと思いました。

維持費用を考慮しても価値のある希少車であれば、状態が良ければ買い取ってくれる場合があります。


ただ、査定サイトで0円表示されるような車は売主の満足がいくような価格をつけてくれる業者はいないでしょう。そういう車は個人売買が向いていると思います。売主側のほうでも魅力をアピールでき、売主・買主の双方が満足できるかもしれませんので愛好者同士のサークルやカーオークションサイトなどを一度覗いてみると良いでしょう。


中古車をディーラーに下取りしてもらう際は色々と書類等が必要になってきますが、そのうちの一つに自動車納税証明書というものがあります。

仮に、納税証明書を失くした場合には、税事務所等で、再発行をしてもらうことになります。



車関連の書類は、失くすことがないようにきちんと保管しておくことが大切です。

About the author

慎二

View all posts