トラックや営業車は別として、個人所有の普通

愛車を売却するときに気をつけた

愛車を売却するときに気をつけたほうがよいのが、ネットなどを使って調べた金額です。



この価格が車の査定額決定で発生しがちな問題の要因です。

提示された価格につられて業者を呼んで、見積もってもらうと、傷やあてた跡があることから予定よりも低い価格になる事例がたくさんあります。ということで、出張査定を受ける場合でも何ヶ所かの業者を選ぶのが少しでも高い値段で売るコツになります。車査定を頼む前に、車本体の傷は直しておく方がよいのか気になるところですよね。容易に自分で直せてしまうぐらいの小さい傷であるなら、直しておいた方がよいと思います。

でも、自力で直せない大きな傷の場合は、修理の依頼はしないでそのまま車の査定を受けた方がベターです。
自動車査定の際、高額査定のポイントの一つに挙げられるのが、皆が買いたいクルマかどうかです。市場での需要が高いと、仮に買い取ったときに売れずに在庫として抱え込む可能性が低く、より高い値段でも売れると思われ、査定価格がわりあい高めに出ることが多いことが予想されます。

例として、アルフォードやワゴンR、フィット、ハリアーなどがよく売れる車種です。

中古車の買取の際車を高く売るために大切なポイントは、自分の車の売れる値段を正しく知っておくことです。

車の相場がわかっているのなら、安く売ってしまうこともなくなり、結構、自信を持って価格交渉も可能なのではないでしょうか。車の正しい相場を知るには、何社かの査定会社の査定を受けるのが最もよい手段だといえます。



何軒かの中古車業者に愛車を売却するために、査定をしていただきました。


ガリバーがその中で最も高く買い取ってくれるとのことなので、ガリバーに売却することを売買契約をしました。

始めはネットで車査定し、愛車をその後、店舗に持っていったところ、ネット査定よりも高額が示されたため、即売却を決意しました。中古車を買う時に気になってくるのは、年式はもちろんですが、走行距離ということになりますよね。概ね中古車の走行距離というのは、1年間で1万km程度と考えていいと思います。
だから、10年間の使用で10万kmくらいが一般的なの中古車の走行距離になるということです。
前に、知り合いのUSED CAR販売業者の方に、長い間乗っていた車を鑑定してもらいました。廃車寸前だと言うので、値が付くのかどうか不安でしたが、その下取り価格は3万円でした。

そして、その車は直され代車等に使用されているそうです。



車の売却査定では、冬タイヤ(スタッドレスタイヤ)の装着の有無はプラス査定にはならないようです。それならいっそ、タイヤ専門店やオークションサイトで売却したほうが利益が出るということですね。ただ、雪深い寒冷地ではスタッドレスタイヤは充分な需要がありますから、他の地域と違って買取額に反映されることもあるかもしれません。

タイヤの状態によっては、交渉してみると良いでしょう。

結婚が目前に迫り、車を売ろう!と考えました。夫となる人は、通勤に車を必要としないので、二台持ちである必要としないからです。


ローンを組んで買った車でしたが、すでに完済が済んでいるため、売って手に入れることができるお金は、へそくりとして大事にしまって置いておきます。

車を売却する場合に、車検切れでどうするべきか迷うことがあります。

車を少しでも高く売ろうと考える場合、先に車検に出した方が良いのではないかと考えるかもしれません。でも、それは間違いなのです。

たとえ車検に出しても、割に合う査定額の上乗せは期待することはできません。


車検切れで査定を受けた方が総合的に得なのです。

About the author

慎二

View all posts