そろそろ車の買い換えをしたくて、今使用中の車の売却を考えて

カローラといったらトヨタの代名詞と

カローラといったらトヨタの代名詞といっても過言ではない程、高い評価と人気を長年集め続けている車種です。



カローラの特徴とは良い燃費で経済的で、室内空間が広くて、乗り心地が快適で、長い時間、乗ってもぶれない安定した走行、荷室が広くので使いやすいことなど、利便性も高く優れた車だといえるでしょう。

以前、知っている人の中古販売業者の人に、12年乗った愛車を鑑定してもらいました。


ほぼ廃車同然だと言われてしまい、買い取ってもらえるのかどうか不安でしたが、、車の買い取り金額は3万円でした。


そのあとは、修理されたその車は代車などに使われという話です。
ネットを利用することで、車の査定の相場を調べることができるでしょう。中古車買取一括査定業者の大手のところのサイトなどで、車の買取価格の大体の相場がでてきます。

相場を知っていれば、安く売って損してしまうこともありませんので、予めよく確認をしましょう。

そうはいっても、車の状態次第で変化するため、必ず相場の通りに売ることができるわけではありません。

愛車を買取に出す場合、複数の業者の査定を受けて、最も高い所を選ぶのがいいですが、他の業者にも一度査定してもらった以上、どう言って断ったものか思いつかない人もいるかもしれません。この点は、難しく考えず、他社の方が買取額が良かったのでと告げればそれで十分です。この際、どこの業者がいくらで買い取ってくれるか言ってもいいでしょう。
それに、断りの連絡などのやり取りを敬遠するなら、同時査定の利用もお勧めできます。

買取業者に車の査定を出す時に、手間は省けていいのですが一社だけに査定を任せるのはおすすめできません。

というのもそこではない別の業者を選んで利用していればもっと高い査定額がついてお得だった可能性があるためです。
近頃ではインターネット上のサービスを使って一括査定を受けて数社の買取業者から見積もりを提示させることが可能です。それなりの手間暇をかけることになったとしても、それでもやはり業者を複数使って査定をしてもらうことで最終的に査定額アップに繋がることが期待できます。
車を買い取る際の金額に、消費税が含まれている場合と含んでいない場合があるので、最初によく調べてください。
さらに、買取業者が遅くに手続きして自動車税の通知が届くこともありますから、売るときのタイミングによってはそういった事が発生した場合の対応においても確かめた方が最良かもしれません。

「そろそろ車を買い替えたい」という時、今乗っている車をどうするかはよく考えたいところで、手間暇を考えてディーラーに下取りに出したくなるかもしれませんが、それよりも買取業者に頼んだ方が、金額的にはだいぶ得をすることが多いということが、ここ最近広く世間に周知されてきたようです。



一昔前なら、買取業者を利用するには、直接出向くのが普通でしたが、今は違います。お店に行かなくても、自宅、または出先であってもネットが利用できる環境があれば査定額がどれくらいになるかを知ることができます。


そういったことができる専門サイトがあり、通常「車査定サイト」と呼ばれています。
メーカー、車種、車名、年式などといった基本的な項目を埋めていくだけで、数十秒から数分ほど後、答えを知ることができるでしょう。



車の買い替えを考えていましたので、去年の夏ごろに日産エクストレイルを専門の業者を呼んで、買取査定してもらいました。
方法は、インターネットの一括査定サイトを利用しました。

査定の時、一番高く買い取ってくれた会社の人に教えてもらった話なのですが、査定額には、意外にも「季節」が関係しているそうなのです。


私が買取してもらったエクストレイルを例に出しますと、アウトドアを好む人からの需要が高まる夏に売れるそうです。
ですので、買取のタイミングとしては、春から梅雨の時が最も良いタイミングだったそうです。また車を買い取ってもらう時は季節を意識しようと思っています。新車などに買い替える場合に、今まで乗ってきた車を買ったディーラーへ下取りに出すことが多く見られると思います。

でも、ほとんどの場合、下取りでは満足するような買い取り価格をしてもらえることはないものです。でも、中古車の買取り専門店に売却る場合は、車を下取りする場合よりも、高額査定になる場合が多いです。
業者に車を買い取ってもらおうと思い、ネットで簡単査定をしてもらいました。車は何といってもアウディで、新車で買って5年しか経っておらず、結構な高値で売れることも期待していたのですが、期待を裏切る安さだったのでびっくりしました。査定をお願いした業者の担当の人に説明に来てもらったところ、「外車よりも軽自動車の方がまだ高い額が付く」と言われ、愕然としました。

About the author

慎二

View all posts