買取希望の中古車を査定する際の基準にはいろ

車種によって人気色は違います。例えばトラックはホ

車種によって人気色は違います。

例えばトラックはホワイトが常に人気です。ところが、他の車種はどうなのかというと、ホワイト・ブラック・グレー系が査定額が高い人気色です。良く買われている色、すなわち、多くに人に受け入れられてる、いわゆる「定番色」が買取の現場でも有利という訳です。


また、同じ色でもパール系やメタリック系のカラーはソリッドカラーよりも査定結果が良いそうです。また、希少価値が高いもの(メーカー純正の限定カラーなど)も、高値がつくことがあるようです。家族の人数が増えました。そこで、どうしても車を買い換えないといけなくなったのですが、少しでも高い値段で売りたかったので、一社だけ相手にすると相場がわからないと思い、いくつかの会社に査定を頼み、その中から一社、最も高い査定額を出してくれた業者を選んで、車を売ることにしました。足まわり、スタッドレスタイヤを履かせていたわけですが、なかなか高価な物でしたから、これでその分かなり査定額が上がるだろうと勝手に楽しみにしていましたが、結果としては大して変わらなかったです。
新品でもないし、それ程良い状態のものではなかったようで、サービスで無料で引き取ってもらえて、ラッキーでした。


ともかく、まだあまり使っていないような良好な状態のスタッドレスタイヤであるなら車とは別に、タイヤを買い取ってくれるところで売った方が得をするようです。中古車を売る時に、すぐに、換金したいと思うなら、即金で車を買い取ってくれる業者を選ぶことが重要です。現金買取の会社なら、査定後、カーセンサー車買取契約が成立した場合には、支払いがすぐに行われます。しかし、そのためには予め必要な書類を用意しておかなくてはいけません。先日、査定表を確認して落ち込みました。

俺の車はこれくらいの価値なんだと確認しました。

アマチュアとは違い、あちこち点検が添付されていました。がっかりしたので、他の買取業者にも査定をしてもらったのですが、あまり変わらない内容でした。

検索サイトで「車査定 相場」というキーワードを入力すると大変な数の一括検索サイトがヒットします。一覧表で査定相場を調べられるサイトも使えます。車を少しでも高く買い取ってほしい人には、実に便利な時代だと言えます。
しかし、詐欺まがいの危険な目に遭わせるような業者も存在します。インターネット上の情報を鵜呑みにしないでください。
注意して調べましょう。車を買い換えについてです。私も色々考えまして、得ができるということを人から聞きましたので、下取りに出さず、専門の買い取り業者を利用して査定を受け、買い取ってもらうことに決めています。



どうやるかというとまず、ネット上の一括査定サイトをパソコンかスマホで表示し、売りたい車の情報や、ある程度の個人情報を入力、登録をしますと、業者からのコンタクトがあります。

電話連絡の場合が多いです。例外もあるかもしれませんが、多くの場合、4つか5つくらいの業者から連絡があります。
電話連絡がきたところで、大体の相場を聞いておきましょう。そうして値段の目安がわかったら、良い値を出してくれそうな業者の候補を三つ程選び、それら以外のところはもう、電話で断ってしまえばいいです。中古車を買う時に気になってしまうのは、年式についてもそうですが、走行距離になるでしょうね。概ね中古車の走行距離とは、1年間で1万km程度と考えていいと思います。



そうすると、10年間の使用で10万kmほどの走行距離が普通の中古車の走行距離ということになります。買取額を少しでも高くしたいなら、買取先の選定こそが何より大事です。一括査定を利用すれば買取額が比較できるので、少しでも高い査定額になるところを選んでください。

それに、車内をちゃんと掃除してから買取に出すこともプラスに繋がります。

最低限度の掃除として、車内にゴミや埃が残っていないようにはしておきましょう。

自分では気づかない部分かもしれませんが、煙草などのニオイにも気を付けましょう。ところで、車の年式や状態によっては、査定額がつかない事もあります。


例えば、需要が少なく10年以上乗った車や走行距離が10万キロを超えてしまっているもの、また、改造車や劣化の激しいもの、エンジンのかからない車や事故で大破したものは値段がつかないものが大半です。
今では多くの中古車買取一括査定業者がありますが、その中には事故車や故障車に特化した業者がありますから、状態の悪い車の処分をお考えの方は専門に取り扱ってくれる業者に査定してもらうのがオススメです。私の車にできてしまったすり傷や故障は、基本的には何も改善せずに査定してもらうよう提出しましょう。


気になる傷や壊れた個所があるならば、その分だけ評価額は低くなってしまいます。

しかし、目に見える傷や気になる故障個所は、買取業者が自社で調整したり、直したりするので、評価する前に直しておく必要はないのです。


マイナス査定で減らされる金額よりも、修理金額の方が高くついてしいます。



About the author

慎二

View all posts