中古自動車を購入する時は、いわゆる事故

中古自動車を購入する時は、いわゆる事故

中古自動車を購入する時は、いわゆる事故車を買ってしまわないように慎重になった方がいいかもしれませんね。とりあえず修理されているとはいっても、事故車は安全面に問題があることもあります。

しかし、知らない人が事故を起こした車を見分けることは困難なため、信用できる中古車販売店で買いましょう。
中古車を売却するときに必要になるものを挙げてみます。

買い取ってもらった金額のお金を振り込んでもらうための銀行口座と車検証と印鑑証明(発行後1か月以内の物を2通)等を用意しておきます。


取説やスペアキーがあれば査定金額が上がる可能性も十分考えられます。

ごく一般的に事故車とは、交通事故などで損傷したもの全般を指すと思いますが、これは車査定で使われる意味とは異なってきます。
中古車査定の場合には、交通事故などを起こした事により自動車のおおもと部分を交換しているか、修復したものが事故車と呼ばれるのです。それぞれの車種によって、人気の色には違いがあります。
トラックはホワイトが定番で人気ですよね。

しかし、その他の車種ですと、査定額が上がるという点では、ホワイト、ブラック、グレー系が人気色です。

売れている車の色、つまり「定番色」が車買取においても人気の高い色だと言えます。



また、同じ色でもパール系やメタリック系のカラーはソリッド系に比べると査定に有利なようです。
他にも、限定色などの希少価値のある場合は高値になることがあるそうです。車の査定を依頼する際、その時期や依頼する業者により数十万円の価格差がついてしまうこともあります。
いつも車内の手入れや傷やヘコみを付けないように用心することも大切なことですが、ちょっとでも高く買取してもらうノウハウは、いくつかの買取業者に依頼した上で、その価格を比べることです。雪が積もった日、車が滑り、フロントを電柱に衝突させてしまいました。
エンジンにはかろうじて損傷がなかったのですが、そうしたコンディションでも事故車扱いに変わってしまうでしょう。
バンパーばかりでなく、前部のフレーム修理を行う状況となったため、修理費用がかなり掛かってしまいます。


この間、知り合いのUSED CAR販売業者の方に、10年以上乗ってきた車を鑑定してもらいました。廃車に近い状態だと言われてしまい、値が付くのかどうか不安でしたが、車の下取り価格は3万円という結果でした。

のちに、修理されたその車は代車などに使われているようです。

自分の車を売る時には複数の書類を用意する必要が出てきます。
中でも、自動車検査証、要は車検証は、とても大事な書類です。また、自賠責保険証明書や自動車税納税証明書、印鑑証明書や譲渡証明書などの沢山ある書類を揃えておくことが必要になります。



また、実印もいるので、ちゃんと用意することが大切です。一括査定サイトのページから、必要事項の入力を行い、査定の申し込みをすると、業者から営業電話がどんどんかかってくる場合があり、しかしこれも、ある意味仕方がありませんし、そういうシステムだと割り切っておきましょう。

ですが、はっきり断るようにすると、それ以上かけてくるようなところは少ないですし、それでもかかってくるなら、着信拒否ということにすると、そこまで大変な思いをすることになるわけでもないようです。

それでも「とにかく営業電話は困る」というのであれば、住所や電話番号を打ち込まなくても査定額を出すサイトも存在しますから、査定を申し込むと良いかもしれません。車の買取をお願いしようとして詐欺の被害に遭うこともあるので注意しましょう。
比較的高めの査定金額で客を釣って契約を結ばせ、色々と理由を主張して当初の提示額よりも大幅に低い額で買い取ろうとしてきます。
そんな額では納得できないと断ろうとすると、もう車は手元にないなどと言いだし、運送料、保管料などの理由でお金を請求するという手口も確認されています。

業者が車を引き取ったあとで買取代金の振込がないという詐欺事例もあります。

About the author

慎二

View all posts