持っているマイカーの売り方について思いをかたちにして

諸事情でまとまったお金が必要になり、昨年の7月ごろに日

諸事情でまとまったお金が必要になり、昨年の7月ごろに日産エクストレイルを売ろうと考え、中古車専門業者の買取査定を受けたことがあります。ネットで一括査定出来るところを探して、最高額の査定をしてくれた会社の方のお話ですと、買取りを行う季節も、評価額を左右する重要な点だということでした。私の場合、買い取ってもらった日産エクストレイルが夏場が需要の高いアウトドア車ですので、高値がつくタイミングとしては、春から梅雨時期だそうなのでとても参考になりました。


ご存知でしょうか、自動車のセレナ。おなじみの日産が販売している車種の中でも、ハイブリッド車という特長があります。


セレナの車体はスマートなので、様々な場面で走行をしやすいのがいいですね。ゆったりとした室内空間、燃費がいいことも、セレナの優れた点です。車の買取にかかる手数料は、査定を依頼するときと同様で無料です。

といっても、売買が決まれば車の名義変更をしますが、買取業者に手続きを委託するのであれば代行手数料が必要です。払うくらいなら自分でするという人もいますが、新しい所有者が揃える書類(車庫証明等)も必要ですし、お互いに予定の調整や連絡が煩雑になることから、結局は依頼する人が多いです。
代行手数料は買取価格から差し引く形が多いようです。そうでないときは、契約後に別途支払うこともあります。



定価はありませんが、ここで利益を出そうという業者はいないので安心してください。
それから、売却時は所有者の印鑑証明、それに、住民票のうつしを必要としますので、その取得費にそれぞれ300?500円程度が必要になります。


走行距離が10万キロを超えている中古車は、買取査定を依頼したとしてもたいていが、買取不可になってしまいます。とはいえ、タイヤを変えてからまだ日が経っていなかったり、半年以上の車検が残っているなどの何らかのメリットがあるとすれば案外、すんなりと売却できる事もありますから、初めからあきらめる必要は無いのです。複数の買取業者にあたってみるのが良いと思います。
実際に中古車査定を行う時には、車を中古車買取業者やディーラーの店舗まで運んだうえで実物の車を見ての査定を受けます。ですから複数の業者を回ってから、それぞれの査定額を比較した上で売却を決められたら良いと思います。
とは言え、大まかな査定額があらかじめ分かっていれば手間がかからず、簡単ですね。
メールオンリーでの連絡が可能な業者を調べてみたら、複数の業者が、メールのみでも査定を行ってくれるみたいです。
無料で出来るところが多いので、一度メールを送ってみてはいかがでしょうか。
車が事故に巻き込まれていた場合、完全に修理をした後に査定をしても、事故が起きる前と比較して査定金額がすごく安くなることを査定落ちと名付けられています。


格落ち、評価損ともよんでいます。

ちゃんと修理をして、性能面ではトラブルがなくても、事故を起こした車両というマイナスイメージだけで査定落ちをしてしまうこともありえます。

どんな車のタイプなのか、あるいはいつのタイミングなのかで違いがありますが、業者に買い取ってもらう車が外車だった場合は納得のいかない査定額になることが多発します。外車を買い取ってもらいたいという時は「うちは外車を専門に買い取っています」とうたっている業者か特に外車の買取をよく行っているという会社を選んで査定してもらいましょう。また、査定は数か所の買取業者で行ってもらう、これを忘れないようにしてください。
車を売ろう!と思うとき、車検切れでどうするべきか迷うことがあります。少しでも高く車を売るためには車検に出した方が良いのではないかと思うかもしれません。

しかし、それは間違いです。


たとえ車検に出したとしても、それに、見合う買い取り額、査定額の上乗せは望むことはできません。


結局、高くならないなら、車検切れの状態で査定を受けた方が総合的に得なのです。

個人売買だと問題が起こりやすいですが、車査定だとトラブルの心配はありません。個人で売却した場合には、車を渡したけれども、代金を払ってもらえなかったり、代金を支払ったのに車の納品がされないという問題が考えられます。売却後の購入者から苦情が寄せられたりすることも多くあります。



中古車の査定をネットでしてみるつもりで各業者のサイトを巡ってみると、個人情報を書き込まないといけなくなっているところが全てとは言いませんが九分通りといった状態です。愛車の査定を申し込んでみたいけれども、しつこく電話がかかってきたりしないかなどの不安から、ネットでの査定をやめようと考えてしまうかもしれません。それに対応したものかどうか最近は、電話番号など個人情報の記載不要でおおまかな買取額を知ることできるサイトも出てきましたし、気軽に使ってみると良いですね。

About the author

慎二

View all posts