かなり使用感のある車であっても、中古車の扱いに

少数の例外はあるかもしれませんが、買取業者から中古車

少数の例外はあるかもしれませんが、買取業者から中古車売買に関する査定書を出してもらうことは難しく、査定書を出して欲しいと言ってももらえない事の方が多いです。例えば遺産相続に関してや、自己破産の際に必要になる資産証明などで車の査定金額が明記された証明書が入り用になったときには、日本自動車査定協会、通称JAAIにその車の査定額を見積もってもらわないといけません。日本自動車査定協会の事業所は国内に50ヶ所以上あって、車の査定には幾らかの料金が発生します。
それから注意点としては、前もって予約が必要になることです。

簡単便利な車査定サイトですが、ここから車の査定を頼むと、業者から営業電話がどんどんかかってくる場合があり、しかしこれも、仕方がないことだと思っておいた方がいいです。



こういった営業電話に対しては、話を延ばさないで淡々と断ってしまえば、それ以上かけてくるようなところは少ないですし、また、着信拒否設定という対策もとれますから、多少わずらわしいでしょうが、それほど困りはしないでしょう。
営業の電話を負担に感じる人の場合は、電話番号などの個人情報を入力せずとも査定額を表示してくれるサイトもあり、そういうところを使って申し込んでみると、営業の電話は防げるでしょう。

すでに支払った自動車税が月割りで還付されることがあります。
それは、普通自動車(軽自動車は含まない)を売らずにそのまま廃車にしてしまったときには還付されます。

反対に軽自動車に関しては、自動車税は戻りません。そうはいうものの、税金を払ったばかりなどで残り期間がたくさんあるなどのケースでは、税金分を買取業者が査定アップしてくれる場合があります。いくら良心的な業者が存在するといっても、自動車税の取り扱いをどうするかについて説明してくれる買取店ばかりあるわけではないのです。売却の契約を交わす前に確認しておきたいことのひとつと言えます。
お子さんがいてチャイルドシートを使用している場合、その車を売却するのでしたら、はずしてからのほうが良いでしょう。

チャイルドシート類はどこの業者の査定でも採点される項目には含まれていないからです。



ただ、チャイルドシートというのは中古でも人気が高い品物ですから、取り外してからリサイクルショップなどで売ればきちんと値段がつくものですし、特に人気の高いブランド商品なら驚くほど高値で取引されていることもある位です。車の査定はしてもらいたいけど、個人を特定するようなことは教えたくないという人も多いでしょう。しかし、匿名で車の査定を行うというのは難しいです。

メール査定であれば可能な気もしますが、残念ですが必要最低限の個人情報を入力することになるので、匿名希望は無理です。

車を査定する時は、自分を特定できるかもしれない情報を相手に伝える必要があります。車を買い換える際は下取りに出すのが一般的ですが、中古車買取も候補にいれてみませんか。
ディーラーは「下取り価格は、勉強させていただきます」と言いますが、本当に1社の言い値で良いのでしょうか。
手間かかるのはいやだなと思う気持ちも多少はあるかもしれませんが、年式なりの状態の良し悪しで、下取りでないと価格がつかない車もあれば、買取で高く売れる場合もあります。僕は前に安く下取りに出して悔しい思いをしたので、今回は下取りと買取で競合させてみました。

すると買取業者のほうが高かったんです。特に高額だった1社にきくと、ちょうどこの車を探しているお客さんがいるのだそうです。

買取代金は後日振込みでしたが、引取りの翌日には振り込まれていました。


30万円以下なら現金払いもできるそうです。ともあれそのお金で下取りなしで車を購入。


月々のローンを軽減することができました。
下取りでいいのにと渋っていた家族も、このときは「すごーい」と言ってくれました。

車を買い取ってもらうときは緊張するものですが、意外に手軽なんです。

査定が済んで査定金額に満足したら、売主がすることはほとんどありません。



中堅以上の買取業者なら、営業担当者も事務所の人もよくわかっていて、こちらが書類を渡すだけであとの手続きは業者のほうで済ませてくれます。

売主が用意するのは、実印と印鑑登録証明書、車検証、自賠責保険証と最新の納税証明書です。自宅にあるものばかりで、あらためて取得するのは印鑑証明書だけです。

時々「納税証明書?見たことない」という人がいますが、車検時に出している自動車税の領収証(の半券が納税証明書のはず)です。最後に代金が支払われますので、振込先となる口座の番号も用意しておいてください。プロが見れば素人がいくら頑張ったところで車の修理歴、ましてや事故歴などは隠しきれるものではないです。
隠蔽行為は査定担当者に不信感を持たせますし、そうなると価格交渉どころではありません。

査定では誠実に告知することが求められますから、虚偽申告はいわば告知義務違反ということになりますから、内容次第では減額や返還請求といったペナルティが課されることになります。
こういった事態に対応するために、契約書に目を通すとほぼ100パーセントの確率で申告や隠蔽に関する記載があります。



中古車の買い取り時、注意する必要があるのは、悪徳業者に依頼しないことです。誰もが耳にしたことのある会社なら心配する必要はありませんが、一店舗だけで経営しているお店は、注意をした方がよいです。


一旦、悪徳業者と契約してしまうと、車を渡したのにお金が入ってこないという場合もあります。中古車を売却した時に、トラブルが起こることってありますよね。
車を引き取ってもらった後に事故による修理の形跡が見つかったとか、走行中に異音がするなど、様々なトラブルが存在します。

こういった、買取トラブルをなるべく避けるためには、ちゃんと信頼性のあるような買取業者を利用するということが大切だといえます。

About the author

慎二

View all posts