この間、知り合いのUSED CAR販売業者

月々のローンの返済がまだ残っている場合でも買取業者に売却す

月々のローンの返済がまだ残っている場合でも買取業者に売却することは可能です。
それは車検証の所有者として書かれている名前が売主本人である必要があります。



所有者のところにローン(信販)会社の名前が記載されている状態だと、ローンを返し終わるまでは実質的な車の所有者はローン会社ということになるので、ローンが終わってからでなければ売ろうにも売ることが出来ないのです。


しかし、ローン途中でどうしても売却したい時は、ローン会社に申請して許可が出れば、査定額(売却額)でローンを返済するという形であれば売れないことはありません。

車の査定をしてもらう前に、車体についている傷は直した方がベターなのか気になるところですよね。自分ですぐ簡単に直せる程度の小さい傷であるなら、直した方がよいと思います。しかし、自力で直せない大きな傷の場合は、修理に出すことなくそのまま車の査定を受けた方がベターです。


最近はいろいろな一括見積り(査定)サイトがあり、中古車査定もそのひとつですが、自動車保険専門の一括見積サイトといったものも登場しています。すべての自動車保険は年限が限られており貯蓄性はなく、満期になろうと一銭も戻ってこない掛け捨ての保険ですから、同じサービスなら安い自動車保険へと乗り換えたほうが加入者にはメリットがあるのです。自動車保険一括見積りサイトの運営費は協賛各社から出ているため、利用するのには一切お金がかかりませんし、24時間いつでも複数の会社の保険内容や金額を比べることもできます。

常に最新の保険データなのも嬉しいところです。中古車を高値で売ろうとして買取業者と査定額の交渉を自分でするときに大切だと思われることは、自分から安易に具体的な金額を言ってしまわないことですね。



前もって査定相場の金額を確認しているのならまだ良いのですが、相場の金額を確認していないのならば相場よりも低めの価格を希望金額として提示してしまう可能性が高くなるので、そのような場合は損するのは目に見えていますね。
買取業者と価格交渉を行おうと思っているならば、価格交渉する前に充分に準備してから臨みましょう。誰でも車の査定では、可能な限り高値をつけてもらいたいものですが、そのための話の進め方があり、以下のように進めていきます。
まずはじめに、あたりをつけたいくつかの業者から、見積もりをもらいましょう。


この時点ではまだ、価格交渉はしません。

そしてそれらの中から一番高い金額を目安として業者との価格交渉をしていきます。

話がいい具合に進むと、一番高い査定額から、さらに上乗せされた金額を引き出せるかもしれません。



でも、こういったやり方を繰り返すと、本気の交渉ではないと思われてしまうこともあり、それは都合が悪いですから、気を付けた方がいいでしょう。



車の買取価格は、どこの業者と契約するかで異なり、一歩間違うと、かなり大きな価格の違いが生じることもあります。
一つの会社だけに査定に出すことをやめた方がいい訳がこれです。

複数の買取業者に対して査定依頼を出す場合、査定が一括でできるという便利なサイトを通して行えば、そこまで面倒な作業ではありません。
私が住んでいるところはちょっとした田舎の港町です。
窓の外には海の景色が見渡せて、夏には気持ちのいい潮風が吹き、それなりに快適な暮らしではあるのですが、難点もあって、潮風で車がボロボロになってしまいます。


以前住んでいた海から遠い場所では、車が錆びてしまうなどということはおそらくなかったことです。今使っている愛車は車の下取りに出して、新しく次の車を手に入れたいです。

近頃、中古車販売の大手において一般大衆に向けた車の査定アプリを提供していますが、プロ仕様の中古車査定支援アプリも存在します。



この本格的なアプリは、中古車査定業務歴が深くなくても査定が簡単に出来るようにするためのアプリケーションです。

業務用の査定支援アプリと専用機器を一緒に使うと、査定対象車の査定以前に何か理由があって修理に出したことがあるかを一発でハッキリする機能が存在するケースが大半ですから凄いですよね。自動車を売り払った後になって、「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」を理由として業者側が車の買取金額を減額したり契約解除などを通達してくる事があるのです。もし自分が事故歴などを隠蔽して売ったとしたら売却側が責任を取る必要がありますが、見積もり時に確認ミスがあったからであれば売る側に何も責任は無いでしょう。買取店舗が自分の納得がいかない言い分を押し通そうとする際には、消費生活センターなどに行って、いざこざが起きていると相談することが最善でしょう。
これまでに私は車の買取を頼みました。
私に限らずとも、多くの売り手の方は価格を高く売りたいと考えるはずです。それには車の専門誌やインターネットの買取サービスなどを使用して、買取価格の相場をしっかり調べておくことが大事だと思います。そうすると、高く買い取ってくれる可能性はアップすると思われます。

About the author

慎二

View all posts