中古車売買における車の査定基準というものは、車の年式や走

ホンダフィットは、低燃費でありながらも、パワフルな走りで楽し

ホンダフィットは、低燃費でありながらも、パワフルな走りで楽しめる人気アップの普通車です。
街中でも頻繁に見かける大衆車ですから安心を感じますね。
この車の特別なところは、見た目がコンパクトなのに車内はゆったり広々というユーザーにとって使いやすいことです。派手に改造してある車は車検すら通すことが不可能です。

しかし、このような改造車でも、買取りしてもらうことはできます。但し、普通の買取専門店では必ずしも買取可能だとは言い切れませんし、マイナス査定になることが多い事を肝に銘じておいた方が良いかも知れませんね。改造車を売るならば改造車の知識が豊富で、独自の販売ルートを持っている専門業者で査定してもらい買取の手続きをするのが賢い選択です。

売却車の状態によっては改造車でも思ったよりも高い査定額が出される可能性もあるのです。

売却を前提に業者に車の査定を申し込む場合、特に用意するものはありませんが、実際に売却する段階になれば、必要な書類はひとつやふたつではありません。また、役所で発行される印鑑証明書などは代理人が行けば後日郵送になってしまいますし、結婚で姓が変わった場合や引越しで既に住民票を移してしまっている場合などは別途書類が必要となるので業者に確認しましょう。


中古車屋に売ると決めたら必要な書類を集めておくと慌てなくて済みます。


個人レベルでどれだけ頑張ろうと、車の扱いに長けた査定士からすると車に関する履歴(修復、事故)は一目瞭然です。

修理歴等を偽って深刻する行為は業者を騙すのと同じことで、そうなると価格交渉どころではありません。

そして査定で申告対象となるような車の状態を隠蔽するのは法律的には告知義務違反となり、事実が明るみに出た時点で全額返金を求められることもあり得るのです。
こういった事態に対応するために、契約書に目を通すと告知義務違反に関する項目は必ずあるはずです。


車体のキズやへこみ、塗装の擦れなどは買取のための査定を行う時点でしっかり確認されます。
あからさまに分かるキズはマイナス点となり見積額に響いてきますが、乗っていれば普通につく薄い傷程度なら特に減額対象としない場合が多いです。時々、査定前に修理すべきかと質問されることがあります。
しかし修理費の出費は大きく、いくらか査定額が増えたところでペイできる可能性はないと言えます。



車の修理費は個人と法人(買取業者)で大きく違いますから、個人で高い修理費を払うよりそのまま買取に出したほうがトクなのです。
買取業者に中古車を買ってもらうには、まず見積りをもらうところがスタート地点です。ネットでも査定額を知ることができるサービスが存在しますが、それは簡易査定ですので、現物を見た上で買取り価格が算出されます。

特に値付けに問題がなければ、印鑑や必要な書類を整え、正式契約に至ります。それから業者から派遣された運転手が車を引取りに来たり、名義変更などの一連の手続きを経て買い取った業者から入金があり、すべての売却手続が終わります。

買い取りする車を査定する時に、その見積金額に大幅に影響を及ぼすのが走行距離です。



基本的には、その車の走行距離が長くなるにつれて査定額はどんどんダウンします。
5万kmを越えた車は一般的に多走行車と呼んでいて、査定額をダウンする原因となることが多くあります。



総走行距離が10万キロを越えた場合には走行距離オーバーの「過走行車」という扱いになって、車によっては0円査定になる場合もあるのです。



見積りの結果に納得して車を売却しようという段階になったら必要に応じていくつかの書類を整えることになります。また、軽自動車は認印で契約できますが、普通乗用車は実印と印鑑証明書が必須といった違いがありますから、気をつけてください。基本的に車検時に必要なものと同じですが、まず車検証、リサイクル証明と自賠責保険証、そして直近の自動車税納税証明書が必要になります。



それから取引の際は実印と、業者の指定する期間内の印鑑証明書が必要です。

しかし軽乗用車に限っては実印ではなくスタンプ印以外であれば認印で構いません。

よって印鑑証明書も不要です。中古車査定において、へこみやキズがある車は査定の際に低く見積もられることが大半です。しかし、マイナス査定を避けようと前もって個人でキズなどを修復することは止めた方が良いでしょう。個人で修復したからといっても、修理費用以上に高く見積もってくれる保証はないからです。自分で直そうとするよりも、買取が成立した後に、中古車販売店が提携している業者に修理依頼した方がコストを抑えることができてしまうからです。自動車の売買契約後に買取の価格を減らされてしまったり、クーリングオフ不可というトラブルも結構、頻繁に発生しています。

契約書にしっかり目を通しておかないと後から困るのは当人なので、面倒だと思わず目を通してください。特に、キャンセル料の有無は重要なので、十分確認するようにしましょう。



About the author

慎二

View all posts