自動車の売却などの際には、自分が充分に注意していても、事前

車の査定金額が下がる主な原因は何点か挙げられますが

車の査定金額が下がる主な原因は何点か挙げられますが、必ず大きく見積金額を下げてしまう原因になるのは、事故歴や故障歴があって修理したことのある車です。

場合により見積金額が0にまで低く査定されてしまう事もあることを覚えておくと良いでしょう。

そうは言っても、事故などで修理してしまうと修理歴車と必ずなってしまうとは限らず、その車の骨格部分にまでダメージが広がっていて、大きな損傷を修理した場合に修理歴車と呼称するのです。査定に備えるためには、タイヤの摩耗などによって査定額が変わってくるので、タイヤの状態はできるだけ良い方が有利なのは確かなのですが、状態の良いタイヤではなかったとしても、新しいタイヤに替える必要はありません。タイヤ交換の費用の方が高くつくことになります。また、スタッドレスタイヤ、社外アルミホイールなどがついていれば、外してオークションにかけた方が高値で売れることが多いそうです。

どの程度残っているかにより事情は違いますが、車検は自動車査定の金額に影響を与えます。


車検切れの自動車よりも、もちろん車検が長く残っている自動車の方が良いに決まっています。


かといって、車検が一年も残っていない状態では査定価格アップをそれほど期待できません。

車検の残りが少ないと査定金額も高くないからといって、車検を通してから車の売却を考えるのはあまり適切ではありません。車検にかかる費用と査定価格に上乗せされる価格とでは、車検を通すために必要な金額の方が断然高くなる事が多いのがその理由です。最近売られている自動車は最初からカーナビゲーションシステムが標準装備されているものが多数派となってきました。

カーナビが標準装備になったことで、カーナビが付いていてもそれ程プラス評価が付くことはなくなったのです。


標準的なカーナビでなくて、後から高額なカーナビをつけたような場合に限り評価してくれる可能性が高くなります。

高額なカーナビシステムを取り外すのが簡単ならば、事前に外してしまって別にカーナビだけオークションで売るという選択肢もありますね。実車査定で正式な買取額を知りたいなら、買い取りを行っている店舗に車を持ち込むか、あるいは業者にこちらに来てもらうかの二つの選択肢があります。
周囲には車の査定が来ていることが一目瞭然ですが、それさえ我慢できれば買取業者による出張査定は買取金額アップにつながるため、利用者には有利です。休日に買取店を車で回るとしたらせいぜい3店位ですが、出張だと同時に複数の業者から査定を受けることができるので、査定士もここが正念場とばかり上限価格を提示してきます。そのおかげで売却価格がアップするわけです。


頼んだ買取業者のすべてからタダ同然の値段やゼロ円という査定をされてしまったら、車の持ち主がとれる行動というのは限られています。


残しておいてもしょうがないので廃車にするか、事故車、過走行車などを専門に扱う業者に買い取ってもらうかです。



業者はそういった車を中古車市場に流すことはせず、利用できるパーツごとに販売するなどして利益を得ています。



つまり、よそがやらない手間をかけているためにワケありの車も買い取ってくれるというわけです。
そのまま廃車に直行するより、こちらの方がオトクです。また、廃車手続きの代行も行なっています。原則的に、車査定において査定する人が所持しなければならない国家資格はないのですが、民間の資格で中古自動車査定士というものが存在し、国が推奨している資格になります。

この資格はJAAI(日本自動車査定協会)によって認定され、小型と大型車に分別されています。



実務経験が半年以上あって、学科と技能試験に受からないと資格を与えられることがありませんから、中古自動車査定士の資格がある人は、すなわち一定レベル以上のスキルがあるということがお分かりになるでしょう。買取査定は、お持ちのお車が新車の状態により近いほど査定額が良く、高価になります。
ワンオーナーの場合や走行距離数が少ないこと、改造でないと評価はきっと高くなります。誤解が多いですが、車検までの期間は査定額に関係しないという場合が100%とは言いませんが、ほとんどです。
また、査定は人間が行うものなので、心証が査定額に響くこともあります。

ご自身の愛車を最も高く買い取ってもらうために同時査定であれば高い査定額を期待できます。一括査定サイトなどからいくつかの中古楽天車査定業者に、同時刻での現物査定を依頼する方法で、各業者に買取額を競ってもらうことで、買取額が大幅に上がる可能性があります。例えばオークション形式にしてみれば、より高値を付けてもらえるかもしれません。
ご存知かもしれませんが、必要となる書類はあらかじめ用意しておいてすぐに売ってしまえるように準備することも忘れないようにしましょう。中古の車を購入する場合は、事故車を買わないように留意した方がいいのではないでしょうか。いくら修理済みであるとはいっても、1度事故を起こした車は安全面に問題がある場合もあります。

でも、一般人が事故を起こした車を見分けることは困難なため、信頼できる中古車販売のお店で購入するようにしてください。

About the author

慎二

View all posts