中古車を少しでも高値で売るにはどんな点に注意す

出張査定の手数料はほとんどの場合かかりませんし、持ち込みに

出張査定の手数料はほとんどの場合かかりませんし、持ち込みに時間をとられないので使いやすい方法ではあります。



一対一の交渉に自信がない方は店舗に直接車を持ち込んだ方が良いのかもしれません。



普通、予約は必要ありませんし、すぐに対応してくれますので、複数の業者を訪ねて損はありません。

代金振り込みに関わるトラブルを避けるために現金取引に努めてください。申し込んですぐ、車査定を行ってくれる業者もいます。
急にお金が必要になったなど、早く売りたい人には便利ですが、即日査定を前面に出すと足下を見られて、いいように査定されてしまうので複数の業者の目を通すようにした方が良いのです。



「車査定 即日」のキーワードで検索して、どんなサービスをする業者があるのか確認しておき、可能な限り多くの業者と連絡を取ることをすすめます。


中古車買取業者といっても皆一様ではなくて、事故車や輸入車や軽自動車など、ある特定の種類の車種販売が得意だったり、若しくは専門的に販売している店舗が存在します。たとえばの話、自分が乗っている売却希望車が軽だったら、当然かもしれませんが、軽自動車の販売を得意とする会社に買い取ってもらった方が高い金額で買い取ってもらえることでしょう。



そのような会社は中古車の一括査定サイトを使ったときに、一般的な会社よりも少々高値を提示してくるため、なんとなく分かります。一般的にほとんどの中古車買い取り店では、中古車の見積もりにかかる時間は待ち時間を除外するとおおよそ15分弱でしょうか。

なぜかというと、査定する時点での車種ごとの中古車のオークションの相場などを基本として事前にベースになる中古車の査定金額が決められており、その金額から走行距離および各パーツの状態を確認した後に、中古車の状態による査定のアップダウンをすることで、簡単に最終査定金額を出すことが出来てしまうからです。
車を売ろうとする場合には、買取業者に売ることと、ディーラーに引き取ってもらうこと、少々大変かも知れませんが自分でオークションに出して売ることも可能です。個人でオークションに出品する場合には、車の外装や内装の状態写真や説明をできるだけハッキリと分かりやすく掲載することが後々トラブルが起こらないようにするためには重要なことです。それと、画像だけでなく契約が成立する前にじっさいの車を見てもらうことが望ましいです。これ以外に重要だと感じた事柄については、「念書」などをきちんと作ってサインと捺印をしてもらうと安心できますね。
天候によっても、車の査定額は変動します。
晴れの日、ピカピカに洗車した車を持っていけば見た目がよりキレイに見え、車を大切に乗っていることが伝わりますから、査定額は上がるはずです。逆に雨天では、小さな傷のチェックなどがしづらいため、査定をする人は慎重になりやすく、最低の値段がつくこともあります。


以上のことから、車査定は天気のよい日の方が有利になります。私の車にできてしまったすり傷や故障は、あまり直さずに査定に見てもらうようにしましょう。


すり傷や故障があれば、それだけ査定の評価額は低い水準になってしまいます。
しかし、目に見える傷や気になる故障個所は、買い取ってくれる会社が自社で整備、壊れた個所を修繕したりするので、査定される前に修理しておくことは要求されていません。
減らされる金額よりも、修理費用の方が高額になってしまいます。

個人が中古車の査定を業者に依頼する時は所有者側で何か書類などを整える必要はまだありません。ただし、業者が決まって売却するにあたっては、車検証や自賠責保険証、納税証明など複数の書類を整えなければいけません。


売却するのが普通乗用車なら実印と印鑑証明書が不可欠ですし、姓の変更があった場合や引越しで既に住民票を移してしまっている場合などは必要に応じて提出書類が増えるので手間がかかります。



車を売る気持ちが固まったら早めに書類を準備しておくほうがあとの手続きはラクです。

車を手放す際に、車検の残り期間がほぼそのまま残った状態では、見積もりの際に金額がアップすることが多いです。しかし、残りの期間が一年以内になってくると車の評価額も目減りしていき、車検有効期間が数ヶ月しか残っていないと見積額に影響することはほぼなくなるのです。そうはいっても、見積金額を高くしようと考えて車を手放す直前に車検を通しておく必要性は低いのです。たとえ車検の有効期限がフルで残っているような場合でも、車検を通すためにかかった費用分を見積金額のアップで取り戻すことは困難なのです。


車の状態は評価するに当たって大変重要な見どころとなります。


正常に作動しない箇所がある場合、目につくような損傷箇所がある場合は、大幅な値下がり原因となってしまいます。どれだけ走ったかは基本的に少なければ少ないほど査定額が上がると思ってください。新品の車を買って5年の月日が流れた場合なら、3万キロとか4万キロだと査定額が高くなります。

About the author

慎二

View all posts