中古自動車を購入する時は、いわゆる事故

車を買ったディーラーで下取りをしてもらう

車を買ったディーラーで下取りをしてもらうのであれば、新しい車が納車されるまでの間に車がないなどという事態もないので安心ですが、ディーラー下取りではなく、中古車屋への売却の場合は日数があくこともあるわけです。

日常的に車を使う人は、あらかじめ査定を依頼する前に必ず代車の手配の有無を聞いておくべきです。会社や店舗ごとに取扱いの有無は変わるので先に確かめておかないとあとになって困ることになります。査定額についてですが、人気の高い車種は買取業者に査定をお願いしても、高く買い取ってくれることが多いです。

例を挙げてみると、トヨタのプリウス、日産のセレナ、ホンダのN-BOXなどは高い査定額が付きやすい、人気車種だと言えます。とはいえ、購入した時は人気のあった車でも、売る段階でそこまで需要が高くなければ、価値が反転して高額買取は見込めないでしょう。色々な中古売買のジャンルにおいて同じ事が言えると思いますが、めまぐるしく査定額が変わるのです。オープンカーは夏場に相場が上昇するなど、車の種類によっては相場がアップしやすい時期や地域性がほとんど決定されてしまうこともあるわけです。

その一方で、全部の車種に共通しているのは、おおむね初年度の登録からの日にちが経っていないほど高値になる可能性が高いです。
売り払うことを決めたら一日でも早く行動した方が断然高く引き取ってもらえることの方が多くなるでしょう。新品ではない自動車を売却する際には、自身の車がどれほどの価格で売れるのか心配になります。自動車の市場での価格を知るため最も良い方法かまとめて見積もりを依頼することです。
様々な買取業者によって見積もりが受けられるので、自動車の相場がどれくらいになるのか、把握できます。ネットで気軽に申請できて手続きもシンプル、楽々です。
なるべく車の査定は夜や雨降りの日にした方が良いと言う人がいて、少々査定額が高く出るという話があるようです。

当然ですが夜間は暗くて、雨降りだと水滴が邪魔をして外装の汚れや傷などが分かり難くなると言う訳で夜や雨の日に見積もりした方が良いと言われるのです。



でも実際は、見えにくいからという理由で査定をアップさせるほど業者はスキルが不足しているわけではありません。

それどころか、万が一見落としていた場合のことを考慮して、普段よりも幾分低い査定をされてしまう可能性だってあるのですよ。壊れて修理不能な車は「全損」という扱いになるのですが、一口に全損といっても2種類に大別できます。



物理的全損といって修理すら出来ないお手上げ状態が1つめで、あとひとつは修理費が車両保険で賄えない状態になってしまった経済的全損です。事故などの際、車両保険から支払われる額は、加入時に決まるのではなく市場評価額ベースで変化していきます。

自動車保険を扱う会社はJAAI発行の冊子をベースに支給額と市場相場に乖離がないように努めています。保険会社の決めた額と実際の額に隔たりがあるようでしたら、納得がいくまで説明を求め、金額については交渉しましょう。修理したことがある車を修理歴車と呼称しますが、一般的には事故車と呼んでいます。
そしてこの修理歴車は査定額が大幅にマイナスになる原因の一種になってしまうのです。
しかしながら、修理歴のある車が全部修理歴車の扱いを受けるというものでもありません。


車のボディの骨格にまで修理がされていなければ、外装のへこみなどを板金塗装してあったとしても特段に修理歴車という扱いにはならないのです。


しかし、修理歴車という扱いは受けずとも、板金などで修理した形跡があるとマイナス査定になることが多いでしょう。

走行距離が長いと、車査定ではマイナス要因となります。走行距離10万キロを超えた車は、高級車や名車と言われていても値段がつかないと言われることを覚悟しておいてください。

同じ走行距離で、乗った期間が長いものと短いものを比べると、短い方が不利だと思って良いでしょう。短い間に酷使された証明として評価されるのが普通だからです。
車を売ろうとする場合には、買取業者に売ることと、ディーラーに引き取ってもらうこと、ちょっと珍しいケースでは個人でオークションに出品して車を売却する方法が存在します。


オークション出品の際には、車の外装や内装の状態写真や説明を他の人が読んだときになるべく理解しやすく記載することが後々起こるかも知れない面倒なトラブルを避けることになります。

さらに言えば、売却が成立してしまう前にその自動車の現物を観察してもらうことは重要です。これら以外で自分が重要だと感じたことは、念書形式できちんと紙にしたため、署名捺印をして双方で保管するようにすれば後々トラブルになる心配はなくなりますね。車査定アプリによれば、個人情報の入力がいらないため、買取業者から営業をかけられる心配もいりません。

一般的に、何回でも無料で車査定アプリを利用することができ、使い方も簡単ですから、スマートフォンの使い方に慣れていない方でも問題ありません。


スマートフォンをご利用中であれば、車査定、買取アプリを是非ご利用してみてください。

About the author

慎二

View all posts