車を売却する時に必要なものの一つが、車検証があります。しかし、査

近いうちに車の買い換えを考えていて、今使

近いうちに車の買い換えを考えていて、今使用している車を売ろうと考えていた矢先、知人から一括査定という手段を小耳にはさみました。
買取業者が数社でも一回申し込むだけで見積もりが一度にもらえて、条件がベストのところを自分自身で選べるなんて、せわしなく時間が作れない私にとっては、大変あっています。

是が非でも無料一括査定を申し込もうかと思います。出来るだけ多くの業者に車を査定してもらうという行為は、中古車屋に車を高く買い取ってもらうためのセオリーだといわれています。実際に何社以上の見積りをとれば良いのかと聞かれると、3社の結果で満足する人もいれば不満が残る人もいるので、主観が入る部分もあるかと思います。一社にしないで複数の買取業者に見積もらせる意義は何かというと、相場を知って買い叩きを回避するためと、競合を行わせ価格のつり上げを図ることです。本人が納得できるようなら、少なかろうと多かろうと実質変わらないということになります。車買取を依頼するとき、いざ訪問査定となれば掃除くらいはしておきましょう。

車の中には基本的に何も置かず、カバー類ははずしておきます。カーマットの下にはゴミがたまっていないように注意してください。



外側は思い切って洗車してしまいましょう。
手持ちのカーシャンプーで良いでしょう。


以前営業担当者に言われましたが、張り切って磨いて失敗する人は意外と多く、ムラが出たり、傷がつく危険もあり、清潔さを第一に考えてください。ホイール周りは真っ黒になりやすいので、こちらも忘れずに。ルームコロンは嫌う人もいるので、無香の状態を目指して換気してください。

一般的に中古車の買取市場において言えることは、大手の買取会社と小中規模の買取店舗では車を見積もるときの姿勢に違いがあるということです。



資金力が豊富な大手の買取業者は、自前の販売ルートを通して売ることも多いですから、中古車を積極的に買い取るのです。その一方で、基準に則った買取価格しか表示できず、自分で金額の交渉をしようにも最初からその幅がないのが本当のところです。
大企業に対して小中規模の業者は、一件一件オークション方式で販売することが多いため、その車を査定した従業員の判断に任される部分が大きいので、これはイケるだろうと思ってもらえればかなり見積金額が高くなる事もあり得るのです。

車を売るときの査定では、いくつか注意することがあります。


一社のみの査定で、安易に契約書にサインしないことです。一括査定サイトの活用などで、できるだけ自分の条件に合った業者を見つけられるように比べるのが賢明です。

事前の見積もりと現物査定に差が出ないよう、車の内外を掃除しておいてください。



最後に、査定の際には必要書類の提示を求められるので、指示された書類を全て用意しておきましょう。中古車査定をするうえで、キズや凹みが目立ってしまうと査定額がダウンするのは避けられませんね。目立つ傷があっても、素人が自分で修理することはオススメできません。

修理の腕に長けていなければ、パッと見た際にはキレイに見えたとしてもプロの目からすれば綺麗に見えないこともあるからです。でも、見積もりに出す前に車の修理を依頼する方が良いということとは違いますから注意しましょう。きちんと修繕するために使った金額以上に査定額がプラスされることはなく、修理に出す手間がかかる上に割に合わない結果となってしまうからです。



車を購入する友人たちに聞くと、古い車はほぼ100%下取りに出しているようです。下取りはすべておまかせですが、買取は査定に来てもらう手間があります。

ディーラーとの付き合いもあるかもしれませんが、年式なりの状態の良し悪しで、下取りでないと価格がつかない車もあれば、買取で高く売れる場合もあります。僕は前に安く下取りに出して悔しい思いをしたので、今回は下取りと買取で競合させてみました。
すると下取りのほうがかなり安いことに気づきました。


買取業者に「査定通りで買うんですか」と訊いてしまったほどです。



30万円までは即日現金払いという業者さんだったので、引取りと同時に現金を貰い、ディーラーから車を購入しました。下取りを断ったけれども悪い顔はされませんでしたよ。

査定依頼してから支払いまでわずか5日です。
このスピード感がいいですね。下取りにより車を引き取ってもらう場合には名義変更の書類、手続きが必要となるため、ちゃんと書類をまとめとくのが大切です。



名義変更の手続きについては、自動車検査証と自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、印鑑証明書を使います。それと、譲渡証明書に印鑑を押すので実印も持ってきましょう。


自動車というものは頻繁に乗らなくても維持費は一様にかかってくるものです。
自分の家の周辺にバスや電車等の路線が発達しているなどの理由から、車を持っていなくてもそれ程困難を感じないのならば売りに出してしまうことで大幅な節約になるでしょう。
自動車を維持するための費用の内訳を見てみると、二年に一度の車検代や毎年かかる自動車保険や自動車税、自分の家に駐車スペースがなければ駐車場の料金も維持費として挙げられます。以上の合計金額を計上すると、1年間で数十万円もかかってしまう場合も見られるのです。

車の買取を行っている店舗に車を持って行って現物査定を受けるつもりであれば、待つことさえ厭わなければ予約は要りません。
そのかわり持ち込み査定という性質上、相場もわからなければ価格競争もありません。

ですから相場より安い価格で売買契約を結んでしまう危険性もあります。出張査定で複数の業者に来てもらう方が相場もわかり、良い値段がつきます。

About the author

慎二

View all posts