「車査定のことを知りたい」ということで検索をかけ

車の査定を行ってもらう場合、店舗へと出向いたり、

車の査定を行ってもらう場合、店舗へと出向いたり、自宅へ業者に来てもらうのが一般的です。更に、メールで車査定を行っているところなんかもあります。
この場合、カーセンサーの車査定業者と直接やりとりをしなけらばならないため、かなり面倒です。

中には、しつこく何度も営業を行ってくるところもあるので、不快な思いをすることもあるでしょう。


自動車を手放す際の選択肢には、ディーラー下取りというものがあります。しかし、ディーラー下取りの場合は、中古の車を買い取る業者にお願いするよりも安い値段になってしまう場合が珍しくありません。また、オークションで売ってみるという方法もあるのですが、手数料など、損する可能性も低くないということも知っておく必要があります。
どんなに努力したところで、査定の専門家から見ればその車の過去の修理や事故歴といったものは全てお見通しです。



事実を隠すという行動は査定担当者に不信感を持たせますし、契約前ならその後の話もナシになってしまうかもしれません。そして査定で申告対象となるような車の状態を隠蔽するのは不動産屋が事故物件を偽るのと同様、告知義務違反という扱いになり、内容次第では減額や返還請求といったペナルティが課されることになります。それに契約書をよく読んでいくと告知義務違反に関する項目は必ずあるはずです。

自動車の買取り金額に、消費税が含まれているケースと含まれていないかもしれないので、前々からよく確かめてください。

さらに、買取業者の手続きが遅くなって自動車税の届いてしまうこともありますから、売るときのタイミングによってはそういう事態が、発生した時の対応においても問い合せておいた方が最良かもしれません。今回手放した車は車検期間もあまり残っておらず、年式も古かったので、買取で金額が付くとは思っていませんでした。



そのため今回、新車を買った店にタダで引き渡しを済ませてしまったのですが、その後、引き取りに出した私の車が結構な高値で転売されていたのです。
こんなことになるなら、買取業者に査定をお願いして買取金額をちゃんと調べておくべきだったと今は後悔するばかりです。業者に車の実物を見て査定してもらう際、文字通り買取業者が出張してくる出張査定の利用者も多数います。

利点はなにしろ持ちこまなくていいから楽ですし、持ち込みではかかる燃料代もかからないのです。


楽ですがしかし、頼みを断れないタイプの人は業者に足を運んでもらう出張査定より、自ら業者側に運転していって査定を受けるべきかもしれないです。業者に対しわざわざ来てもらったという思いを持つと、普通ならのめない要求でものんでしまう可能性があり、業者の思う通りに取引が進むでしょう。



中古車査定をしてもらうためには、ディーラーや買取業者まで車を運んで査定してもらうわけですが、いくつかの業者を回ってから売却を決める事をオススメします。けれども、ある程度は査定額が分かっていた方が無駄が無くスマートですね。

メールのみでやりとりできる業者もあるのかというと、複数の業者が、メールのみでも査定を行ってくれるみたいです。無料で出来るところが多いので、一度、メールでの査定をするのが良いと思います。



年間を通して一律なのではなくて、企業の決算月やボーナスが出たときなど、車を高値で取り引きできる可能性が高まります。中古車市場での需要が高まる季節には需要と同時に買取の相場も上がるのです。

そうは言っても、愛車を手放そうと考えたときが高値で買取りしてもらえそうな時期と大きく離れていたときに、このタイミングに合わせて取り引きした方が良いとは限りません。
当然かもしれませんが、車を売る時期が遅ければ遅いほど旧式の車になっていきますよね。
車の買取相場が上がってそれなりに査定額も上がるでしょうが、車の価値そのものが下落することの方が大きくなる可能性も秘めているからです。中古車買取の業者が出してきた査定金額に自分が納得できなかったときに、売却を断っても構いません。

たくさんの買取業者の査定金額を比較して1円でも高く売れるところを確認してから契約する方が賢い選択です。

しかしながら、売買契約書を取り交わした後での車の売却キャンセルは難しいか、キャンセル可能でも賠償金が発生する場合がほとんどです。



賠償責任の有無などに関しては契約書に詳細を明記する決まりですので、なるべく契約書の全文をきちんと納得するまで読む習慣をつけておきましょう。



二重査定制度は中古車を取扱う業者にとっては好都合な制度ですが、利用者にはかなり不利となります。



悪質業者に至ると、二重査定という制度を巧みに使って、かなり査定額を下げるリスクもあります。



二重査定制度におけるトラブルを回避するためにも、申し込み前に契約内容をしっかり確かめること、査定時に正しく車の状態について伝えることが大切です。

About the author

慎二

View all posts