新しい年式のものほど査定額は高くなってきますし、上のグレードであ

決算期で販売合戦の激しい3月と、ボーナスの影響が出やすい9月とい

決算期で販売合戦の激しい3月と、ボーナスの影響が出やすい9月というのは自動車の販売は好調です。



店側は売れ行きが好調なときはもっともっと商品が欲しいと思っています。
したがって中古車の買取額も高値基調となるのが普通です。

売る時期を特に決めていないのであれば、このチャンスを逃す手はありません。


また、在庫を抱えがちなのが売れ月直後の10月と4月ですが、そこは買取額が低調ですので避けた方が無難です。



中古車というのは需要によって値段が上下するのが常ですから、査定士がつけた査定額というのは有効期限が設けられているのが普通です。


ただ、期限はケースバイケースで変わってくるため、査定金額を出してもらった時点で有効期限の具体的な日にちを聞いておくべきです。もし短ければ交渉次第で訂正もあり得ます。


期限は長くても10日から2週間位が設定されていると思いますが、市場の動きによっては短めの設定になることが当たり前です。
車を売る場合には、高価格で売れる時期やタイミングを逃さないように十分に気を付けることが重要です。



特に3月の決算期や9月の中間決算の時期は車を高値で売ることが可能です。

そのほかに、ウインターシーズンの前には、4WDなどのアウトドア車が高く売れるでしょう。

こういったタイミングで、車を高値で売るには、時期を見定める必要もあるのです。



車の査定は問題も起こりがちなので、注意を払う必要があります。
金額がオンライン査定と実車査定であまりにも違うたびたびあるケースです。


トラブルは良く起きることですから、納得できない時は買取を断りましょう。売買契約後になると取消しができないので、よく考えてください。


自動車保有者の全員が加入を義務づけられているのが自賠責保険ですが、この保険は還付の条件を満たしていれば車を手放す際にお金が戻ってくることがあります。その気になる条件ですが、廃車にする場合で、自賠責保険の有効期限が一ヶ月以上残っている時です。

売りに出すときには還付の対象から外れます。


さらに言うと、保険金が戻ってくる場合にも手続きなしに入金されるという事はないのです。

保険会社に対して自分自身で書類の手続きをしなければ還付されるものではありません。



当然かもしれませんが、自動車を売買するときには、へこみやキズが目立つ車よりもない車の方がプラス査定になるでしょう。かといって、素人が個人で直してしまおうと頑張っても、プロが見ると却って目立ってしまうケースがあるので無理に直そうとするのは良くありません。

故意に付けなくても自然に付いてしまうようなとても薄い傷などは、見積もりの段階で問題にならないこともあるのです。自動車修理の経験があるならともかく、そうでない場合には無理矢理自分で補修しようとせずに、そのまま買取査定に出すようにした方が結果的には良いでしょう。自動車の売却などの際には、自分が充分に注意していても、予測しないトラブルに遭遇してしまうことがあるのです。

車を売るときにたまに見かけるケースとしては、もうすでに契約が終わっているのに「問題が新たに見つかった」などといわれて買取額を減額する場合があります。
契約後に問題が見つかったと言われたとき、売り手側が事故などを隠していたのならばきちんと申告しなかった自分側が責任を取る必要があるでしょう。
自分に落ち度が何もない場合には、契約以前に査定で見落としした側が責任を取ることでしょうから、売却側には何も責任がないと言うことは了承しなくても構わないということになります。車検が切れた車の査定についてはむろん、査定を受けるのに問題はありませんが、ただし車検を通していない車の場合当然走行できませんから、どうしても出張査定を利用することになります。



車検を通して売却を試みようとするよりかは、車検切れのまま売ってしまう方が車検に使うお金が無駄になりませんし、割り切って出張査定を利用することにしましょう。出張査定についてももちろん、複数の業者を使うようにするとより良い結果につながるでしょう。
年間走行距離数はだいたい1万キロというのが相場です。

走行距離が50000kmを超えたあたりで多走行車という扱いになって5万を境にどんどん査定は減点されていき、これが10万キロともなれば過走行車扱いでタダ同然の査定になり、場合によっては引き取りを拒否されることもあります。
ただ、走行距離が少ないほど良いとは言えません。例えば年式のいった車の場合、走行距離があまりにも短いと稼働パーツが劣化していても気づかない場合があり、あまり歓迎されません。近頃では、車の買い換えを行う際、買い取り業者を利用して査定に出す人が増えてきました。ひとつ気にしておきたいのは、車の事故歴、修理歴を相手の業者に伝えないでいるとどうなるか、ということです。車を売却する際には、店と契約書を交わしますが、そこにある買取査定規約によりますと、これには、車を売る人がその車の事故歴を把握しているなら申告の義務を負うことになっています。この義務を遂行しなかった時、つまり申告しなかったり嘘をついたりしていた時には、契約後、あるいは買い取り後であっても事後減額要求が可能になっております。



事故歴の申告は必ずしておいた方がいいでしょう。

About the author

慎二

View all posts