日産から発売されているデイズは、新しいスタ

中古車を売ってしまった後になって、瑕疵担保責任(

中古車を売ってしまった後になって、瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金の減額もしくは契約の解除などを言い渡されることがあるかも知れません。事故歴や故障歴を隠蔽して売却したのならば売る方が責任を取るのが普通ですが、査定士が見積もり時に傷などを確認していなかったのならば売る側に何も責任は無いでしょう。

業者が納得いかない言い分を通そうとしている場合には、消費生活センターなどに行って、いざこざが起きていると相談することが最善でしょう。年間走行距離数は普通、10000kmが目安と言われます。そしてその5倍の5万キロという総走行距離の車は業界では多走行車と呼ばれ、査定時にもその程度ごとに減点対象となり、これが10万キロともなれば過走行車扱いで金額をつけられないからと買い取りを断られるケースもあります。
では走行距離が少ない車は高いのかというと、一概にそうとも言えないところがあります。


走行距離数が年式の割に極端に短いと、外観からは見て取れない部分の状態が非常に悪くなっていることが多く、敬遠されることがあります。
なんらかの事情で車の買い換えを行う際、最近の流れとしては、買い取り業者に査定を依頼し、車を売却することも一般的になってきました。そこで注意しておくべきは、査定を受ける車の事故歴、修復歴について、わざと伝えず、隠そうとした場合はどうなるのか、です。業者に車を売る際に契約書を交わす訳ですが、そこに記載の買取査定規約を読んでみると、そこに、車を売却する人が、その車の事故歴についてわかっている場合には申告義務があることが書かれています。
これにより、事故歴や修復歴をあえて隠していた、申告していなかった、という場合には、契約後、あるいは買い取り後であっても事後減額要求が可能になっております。事故歴の申告は必ずしておいた方がいいでしょう。個人店ならいざ知らず、業界各社ではチェックシートをベースに中古車の価値を算定します。

未修理のこの項目はマイナス3点、走行キロ数はプラス2点といった感じで減点したり加点したりで総合的な評価額を出します。採点されるポイントは、ボディの傷、ヘコミ、修復歴とその状態、あとは走行距離ですが、年式の割に走行距離が短いとプラスになることもあります。場慣れした担当者が訪問するので、キズの目立ちにくい夜に査定に来てもらったり、なにかしら隠蔽工作を行っても、バレずに済むはずがありません。
売却予定の車の現物査定は、買い取りを行っている店舗に車を持ち込むか、あるいは出張査定サービスを利用するのもありです。査定士に家に来られても問題がないようでしたら、査定士に出張してもらうことは、高値売却を狙えるということで売主側にとってはベターと言えます。

自分で業者に持ち込むと1店ずつしか回れませんが、出張査定なら多数の業者に同時に査定させることができます。

つまり査定士もここが正念場とばかり上限価格を提示してきます。
そのおかげで高値売却が見込めるのです。車検切れの車は査定を申し込めるかどうかですがまったく問題なく査定は受けられますが、ただし車検を通していない車の場合公道走行は不可能ですから、出張査定を受けることになります。お金をかけて車検を通し、それから売ることを考えるより、もう車検は切らしておいたまま売却した方が、車検代を思うと絶対にお得ですから、そのまま出張査定をうけることを決断しましょう。



こういったケースにおいても単独の業者に依頼せず複数のところから査定を受けますと手間かもしれませんが得になります。


個人所有の車を手放すにあたり選択できる手段は、下取りと売却の2種類に尽きるでしょう。

手間はかかるものの売却ではたくさんの買取業者から査定してもらい業者間の競争心を煽り、査定価格の底上げを図ることもできます。その対極にあるのがディーラーによる下取りですが、この場合は一社のみの独占ですので安く見積もられてしまう可能性もあります。


とはいえ、同じ店舗で売却も購入も済んでしまうというのは魅力的です。
どちらも一長一短ですが、下取りでは査定料をとられることが多いので、両方試すなら無料の買取査定が先でしょう。車の買取査定をする場合、時期や依頼する業者によっては数十万円の価格差がついてしまうこともあります。いつも車内の手入れや傷や凹みを付けないように心掛けることももちろんですが、少しでも高価に買い取ってもらうコツは、いくつかの買取業者に依頼した上で、その値段を比較することです。
個人で所有する車を手放す時に、買取業者に売却するのではなくて、中古カーセンサーの車査定店ではなくて個人に売るというのもひとつの方法です。中間業者が介在しない分だけ、双方が得するように売買契約を結ぶことが可能になります。双方に利益があると言っても、契約に関することは全部個人間でのやり取りですからとても面倒ですし、支払いに関するトラブルが起きる危険性も増すでしょう。



お金に関することは、できるだけ分割での支払いをしないようにするとトラブルを少なくすることが出来るでしょう。

なるべく高い価格で車を売却したいと思うのであれば、たくさんの業者から査定を受けることが大事です。ただ、せっかくの休日に時間と手間をかけてまで何件もの業者を回れるかというと、不可能ではないものの疲れてしまうでしょう。
中古車の一括査定サイトなどを利用すれば、そうした事態は避けることが出来ます。



最初に車の情報などを登録すれば所要時間5分で数十社から見積りをとることも可能で、その手軽さは他と比較するべくもありません。あえて短所を挙げると、見積りをとった会社全部から先を争って電話連絡が来ますから、覚悟は必要かもしれません。



About the author

慎二

View all posts