ホンダフィットは、低燃費であることを得意としな

車の査定を受けようとする際、気を付けておきたい

車の査定を受けようとする際、気を付けておきたいことは、手間を厭わず何社かに出しましょう。

一つの業者のみに査定を頼むのはおすすめしません。
というのも、違う業者に査定してもらっていれば、更に高い額が提示されていた可能性が高いからです。例え同じ車であっても、買取業者が異なれば査定額に差が出るのはよくあることです。


今まで乗ってきて愛着もある車ですから、多少なりとも高い値段で売りたいものです。それに、近頃では一括査定サイトという、きわめて使い勝手のよいシステムが利用できますので、簡単に段取りが進められます。車を売却する時には査定に車を出すことが多いでしょう。注意したほうが良いことは悪徳業者ではないか注意することです。

当初からわざわざ悪徳業者を選んで利用することはないと思いますが、トラブルを回避するためにも有名なところに売る方が心配はないです。二重査定制度というのは、後から査定額の変更ができる制度です。


車買取業者に査定の依頼をして、査定額が算出されたとします。通常、その金額で買い取ってもらってそこで終わりですが、後から大小問わずいろんな傷や故障箇所が見つかることもありますよね。
そんな時には、一度決定していたにもかかわらず査定額が変更されるということもありえるのです。今日では車の買い換えをする際、専門の買い取り業者を利用する人が多くなってきているようです。
その際、気を付けておきたい点があり、査定を受ける際に、故意に事故歴や修理歴を伝えなかったらどうなるか、です。車の売却時、業者と契約書を交わしますが、そこに買取査定規約が記載されていて、そこに、車を売却する人が、その車の事故歴についてわかっている場合にはそれを申告する義務があるとされています。なので、事故歴や修復歴があるのを知っていながら、それを相手に伝えていなかった場合には、売買契約成立後、それどころか買い取り後でも業者は事後減額要求できることになっていますので、査定額を落とさないために事故歴を隠すと却って損をすることになります。
できるだけ多くの買取業者に見積りを出してもらうことは、車を高値で売却する上で非常に有効な手段です。



実際に何社以上の見積りをとれば良いのかと聞かれると、市場動向や決算などさまざまな要因で変わってくるので何とも言えません。だいたい何社もの査定額を頑張って集める理由は、売却の指針となる相場をつかむことであると同時に、相見積りという状況でできるだけ高額の査定を引き出すためです。



これらの点を踏まえれば、複数というのは何十社でも数社でも構わないでしょう。



車検切れの車については査定はどうなるかというと査定を受けること自体に支障はないのですが、ただ、車検を切らしている自動車は公道走行は不可能ですから、査定を受けるには出張査定しかありません。
では車検を通してから査定をと考えるかもしれませんが、そうするより、いっそ車検は切らしたままで売りに出す方が得になるので、さっくりと出張査定を受けることに決めてしまいましょう。



そしてこんな時も一つの会社に査定を頼まずいくつかのところで査定を受けるようにすると少々手間ですがそれを上回るメリットがあります。


愛車を売却する場合に、キレイに掃除をしてから査定に持って行くことは重要です。
きちんと掃除してから売った方が良い理由には2種類あります。

先ず1つめは、愛車を雑に扱わない人だという印象付けができることです。2番目の理由は、自動車の中にこもった臭いを軽減することが可能だからです。
車内でタバコを吸っていた人やペットを乗せたことがある人は、その具合によっても異なりますが、大幅に査定金額が下がっても致し方ないと言えます。
車内に残っている汚れが臭いの元凶ですから、丁寧にすみずみまで清掃することによってほぼ嫌な臭いの感じないところまで軽くする事ができるでしょう。

「修理歴車」は通常、事故車と呼ばれていますが、中古車査定時に見積額が大きくマイナスされる元凶となります。
でも、以前修理したことがあるすべての車が同じように修理歴車になるわけではないのです。

車のボディの骨格にまで修理がされていなければ、車体やドアなどを板金で直してあっても特段に修理歴車という扱いにはならないのです。
しかし、修理歴車という扱いは受けずとも、過去に修理した履歴がある車は減額対象になるケースが多いのです。



車を買い取る前に行われる査定では、査定箇所を細かく分け、それぞれに標準値を設けた上で減点、ないし加点をして最適な査定額が提示できるようにしています。そんな中で確実に減点されるのは、外装のヘコミ、キズ(大きなもの)です。
気をつけたいところでは、それらのキズを素人なりに修理しようとした場合で、却って減点が大きくなる状況にもなり得ます。相応の知識と修理経験があればキズの深さによっては何とかなるかもしれませんが、一般の方の場合はキズがあるままで売ったほうが出費も少なくて済みます。

子供が生まれたため、これを契機に車をミニバンに乗り換えることにしました。
そこで購入費用の足しにしようと、もともと妻が所有していたムーブを査定に出そうとしたのですが、だいぶ長く乗っていたもので(10年以上です)、お金になるのかどうか心配もありました。ですが、一括査定サイトを利用して複数の業者から一括で見積もってもらい、出張査定をしていただいた結果、およそ20万円という結果で売ることが出来ました。

About the author

慎二

View all posts