普通にしていても勝手にできてしまうほんの少しのへこみや薄い傷など

カローラというのはTOYOTAの代名詞とい

カローラというのはTOYOTAの代名詞といってよいくらい、ずとt、人気を集め続けている車なのです。

カローラの特徴とは燃費がよくて経済的で、室内空間が広い他にも、快適な乗り心地や、長時間、運転したとしても、疲れることがない安定走行、荷室が広く使用しやすいことなど、利便性も高く優れた車だといえるでしょう。
トラックで人気な色といえば、ホワイトが定番で人気ですよね。



しかし、トラック以外で言えばホワイト、ブラック、グレー系統が査定で人気が高い色だと言えますね。
売れている車の色、すなわち、多くに人に受け入れられてる、いわゆる「定番色」が査定結果に有利に働きます。たとえ同じ色だとしても、パール系やメタリック系の色の方が、ソリッド系の色よりも人気が高く、査定額が高いとされています。メーカー純正の限定色などは、プレミアとして査定額が上がることもあります。数年前の話になりますが、自動車の買い替えをしようとした際、もっと高い価格で買取ができる業者を探していた時期があります。

その時には、情報収集の方法としてインターネットで車の査定価格を詳しく研究した上で、車の一括買取サイトに買取を依頼しました。



思っていたよりも低い買取金額の提示が多かったのですが、車の査定相場は時期によってもやや異なるようです。
中古車の売却をするうえで、車検の残り期間が沢山ある場合には、査定時にプラス評価が付きます。



でも車検の有効期限が1年を切ってくるとあまり査定額アップに繋がらず、残りの有効期間が半年を切るようになってしまうともはやプラス査定の材料にはならなくなります。


しかし、中古車査定額を高くしたいがゆえに車検が終了した直後に車を手放す必要はあまりないと言って良いでしょう。車検の残り期間がたとえフルであったとしても、見積金額の上乗せ分の方が車検費用以上に高くなる事は無いからです。大企業の中古自動車販売店においてはプロ用ではない一般者向けの車査定アプリケーションを出しています。
でも、業界人に向けてリリースされた査定支援アプリもあるんです。


これは、実際の査定業務経験があまりなくても査定が簡単に出来るようにするためのアプリケーションです。
専用の機械とプロ用に開発されたアプリケーションを一緒に使えば、これから見積もりを出そうとしている車の過去の修理の有無が確認できる仕様になっている場合がほとんどでしょう。
車を売り払う時は、高額に買取をしてもらいたいものです。



その時に注意しておくことがあります。それは、買取査定をする相手に嘘や偽りを話さないことです。

相手は査定をするプロの中のプロですから、あなたの嘘はあっという間にわかってしまいます。


嘘を伝えてもプラスになることもなく、イメージが悪くなってしまい、マイナスイメージを与えてしまいます。中古車市場において、ボディカラーは見積額に直に反映されます。
定番カラーの白や黒はいつでも安定して人気があるため、プラス査定になることが多いです。
その上、シルバーは定番色であることにプラスして汚れがあまり目立たないからその分人気も高いのです。それとは逆に、これら以外の色では、車の評価が高くなることは望めないでしょう。査定の際には流行っているボディカラーだったとしても、買取をしてから実際に次のオーナーの手にわたるまでには車体の色の流行も変化しているかも知れないからです。



新車に購入し直す時、今まで使ってきた車は販売業者で下取りしていただく方が多くいると思います。
でも、専属の販売店での査定では年式と走った長さで、判断されてしまう場合がだいたい多くなっていますから、新車ではない、自動車の市場で評判がある車でもそれほど高いお金の査定は望みはもてないでしょう。

車を売ろうと思っていて車を買い取る業者に査定してもらい、売ることが決まった後で減額請求がなされてしまうことも起こり得ます。
そんなことが起こっても、詳しく点検した所、欠陥があったので買い取り額を下げさせてくれと要求されても首を縦に振らなくてもいいのです。


その不具合を知っていたのにあらかじめ伝えなかったのならば問題ですが、違うのであれば減額には応じずに、契約を破棄する旨をしっかりと伝えましょう。

私の車は事故歴があります。フレームの修復をしてもらったことがあるので、修理歴のある車ということになるでしょう。

しかし、簡単に見ただけでは事故や修理の痕跡はわかりません。



業者に買取を依頼する際にそのことは正直に告げないといけないのでしょうか。それで後から減額を要求されても気分が悪いでしょうし、しまいには訴えられる危険さえあります。そうしたリスクを勘案すると、事故や修理の経歴は正直に言っておくのがいいと思いました。

About the author

慎二

View all posts