査定の際には、以下の三点が大切です。売却を急いでい

情けない話ですが、これまでに交通事故を複数回経験しました。事故

情けない話ですが、これまでに交通事故を複数回経験しました。


事故の程度にもよりますが、車の自走が出来ない程、車が破損してしまった時は、そのままではどうしようもないので、レッカー車で動かなくなった車を移動してもらいます。この事故車をどうするのかと言いますと、たいした査定額にはなりませんが、近所にある買い取り専門業者に買ってもらいます。処分する事を考えても結構お金がかかるため、事故車でも買い取ってくれる業者には感謝しています。
プロのスキルを持った中古車査定士にはいい加減な嘘をついても瞬時に分かるので止めた方が良いでしょう。



実際には事故を起こしたり修理をしたことがあるのに、低い査定金額を付けられるのを嫌がってそんなことはないと言ったとしても嘘は調べれば分かるものです。



それに、嘘をついてしまったという事実で信頼関係を担当スタッフと築こうなんて事はもう無理難題です。
でまかせを言ったことが原因で、査定額は厳しくなるかもしれないことが起こっても仕方ありませんから、事故歴などについては変に隠そうとせずにしっかりと言った方が良いのです。車を高値で売るためには、条件がいろいろあります。

年式、車種、車の色などは特に重要なポイントと言われています。新しい年式で人気車種の車は買取額もあがります。また、同じ年式、車種でも、車色によって価格、値段が違ってきます。



白、黒、シルバーの車は一般的に高値で売ることができます。

車を売るときに最初に気に掛かってくるのはどのくらいの買取金額になるか、ですね。

金額が思ったよりも低かったらガッカリします。

車の買取査定を行ってもらっても、金額が低すぎると納得できないんでしたら、売る必要はないのです。そもそも車を売ったあとに売らなければよかったと後悔しては遅いだけなので、相場よりも安すぎるのでは、と疑問に感じたら別の買取業者へ査定を依頼するようにしましょう。
自分の車を売りに出すときに、そのまま現金で持ち帰りたい人の場合は、即金でも対応可能な買取店をあたると良いでしょう。


大きく即金対応可能と宣伝している業者ばかりでなく、相談に乗ってくれる店舗も存在します。しかしながら、すぐにお金に換えたいと言う場合は、自分の足元を見られることになり、低めの見積額しか出してくれなくなる可能性が高いのです。

即金対応にこだわるのかちょっとでも高く売却したいのか、優先順位はどちらが上なのかを判断して、少しでも高く売りたいなら即金対応にばかり固執するのは損することになりますね。車を高く買い取ってもらうなら掃除やメンテナンスも大事ですが、一番大事なのは見積りです。
ひと手間かけて同業他社に競合させて見積りをとるのが一番良い結果が出ると思います。営業さんもプロですから、1社だけだと「うちならこれだけ出します」と言うでしょう。
さらにその場で少し上げてくれるかも。

もちろん鵜呑みにしてはいけません。他社と競合していないのなら、買取価格を上げるメリットはないだろう、ぐらいの冷静な気持ちが大切です。



営業マンには複数の会社から見積りを取っていることを伝えて頑張ってもらい、その中で折り合いがつけられる会社を選べば良いと思います。



買取で高値が付く車というとまずは軽自動車が挙げられます。「足代わりに安い車が欲しいというお客さんから一定の需要がある」「店の代車として使うこともできて便利」などと中古車買取業者の人はコメントしています。近年では普通車と変わらないくらい大きい軽自動車もあるので、ファミリー層に意外とウケているようです。軽自動車は燃料費や税金の負担が軽く、仕入れる先から売れていくので、その分、買取額も高額になるということでしょう。



車の買い換えですが、最近では、買い取り業者に査定を依頼し、車を売却することも一般的になってきました。



ひとつ気にしておきたいのは、査定を受ける際に、故意に事故歴や修理歴を伝えなかったらどうなるか、です。業者に車を売る際に契約書を交わす訳ですが、そこに記載の買取査定規約を読んでみると、事故歴については、わかっている場合には申告の義務があるとされています。そのため、事故歴などを故意に隠していたことが分かった場合、契約成立してからや、買い取りが済んでいてさえ事後減額要求が可能になっております。



事故歴の申告は必ずしておいた方がいいでしょう。
車を業者に売った際、いつ、入金されるのか、多くの方が気になるでしょう。
残されたローンの手続きを行ったり、もう一度、車をよく見て、漏れがないかなどの確かめる必要があるため、大体、買取の契約をした後、翌日からおおよそ1週間以内にはお金が振込される場合が多いようです。
壊れて修理不能な車は「全損」という扱いになるのですが、全損はおおまかにふたつに分けられます。



修理屋がさじを投げた物理的全損がまずあって、他には修理費がかかりすぎて車両保険で賄い切れない経済的全損もあります。保険の支払額というのは時価計算で、加入時に決まるのではなく市場評価額ベースで変化していきます。


日本自動車査定協会発行のリファレンスなどで保険会社は価格を割り出します。
保険会社の決めた額と実際の額に隔たりがあるようでしたら、そのままにせず、交渉に持ち込むという手もあります。

About the author

慎二

View all posts