法改正によって、平成17年1月から自動車リサイクル法が始まっ

車の査定時、どうせならなるべくいい値段で車を手

車の査定時、どうせならなるべくいい値段で車を手放したいところです。
そこで役に立つ方法がありますから、参考にしてください。
まず最初に、いくつかの業者にあたって、見積もりをもらいましょう。この時点ではまだ、価格交渉はしません。
そこから最も高く出してくれた見積もり額の数字を基本に業者と価格の交渉を始めます。


話がスムーズに進めば、基本としていた金額より、さらに上乗せした額をつけてもらえることがありますが、これを繰り返すと、車を売る気がないのだろうと思われてしまうこともあり、それは都合が悪いですから、あまりしつこくアタックするのはおすすめできません。買い換えや処分など、乗っている車を売りに出す時には、できるだけ高値で売りたい、というのが自然です。

その車がもしも、人気のあるボディカラーであったなら、査定の時に結構高い値段がついたりすることもあり得ます。車の人気色は流行があり、変わっていくものではあるものの、白や黒、それからシルバーといった無難なところだと使いやすいということもあるのでしょう、いつでも人気のあるカラーです。カローラといったらトヨタの代名詞といえる程、長年高評価と人気を集め続けている車種です。



トヨタカローラの特徴というと燃費がよく、経済性が高く、広い室内空間で快適な乗り心地や、長時間乗っていても疲れない安定走行、荷室が広くので使いやすいことなど、本当に便利な車なのです。車の査定を受けるのであればその前に、とにかくきれいに車を洗っておくべきです。

車を査定するのはあくまで人間、ドロドロに汚れた車などより丁寧に洗車された方に良い点数をつけたくなるというものです。そういうことだけでなく、車を洗っていない場合、へこみや傷があるかないかをちゃんと確認しづらくなり、そのことで査定額が落ちることもあります。



それから洗車をする場合、タイヤまわりなども汚れを落としておきましょう。



買取査定のために各店舗に行く時間がない場合などには、ほとんどの会社では、業者が自宅などに出向いてくれる出張査定があります。中古自動車査定士が自宅などに来て実際に車をチェックして、査定額をはじき出してくれるのです。出張査定は一気に沢山の会社に来てもらうこともできます。

このようにすれば時短のメリットもあることですし、一緒に査定した業者間で査定金額の価格競争が起こるので結局のところ査定額が高くなる事が多いと言えるでしょう。車査定の前に、車検証と自動車納税証明書を準備してください。


車の内外を再度確認する必要もあります。

ひっかき傷程度は自分で補修し、ワックス掛けや車内清掃も念入りにやってください。

改造車の場合、改造した箇所を可能な限り、元通りにして、純正のパーツにした方がいいでしょう。



タバコのニオイがついていたら、脱臭するなど、臭いにも注意が必要です。車を高値で売却するコツは、査定のポイントを押さえておくことです。
業者が良く見る査定点は、年式や排気量、走行距離、車検までどれだけあるのか、ボディが傷付いていないか、車内が荒れていないか、という事にも注目するようです。意外と盲点なのが、時期や季節です。

新車種の発売前やモデルチェンジ前などには査定結果が良くなるそうなんです。このタイミングを逃さず、一括査定サイトなどで複数の業者の同時査定を受けること、査定前から、車の洗浄や車内の清掃などで新車に近付けることが査定額を上げ、満足出来る取引のちょっとしたポイントなのです車の査定を受ける時は、面倒かもしれませんが、スタッドレスタイヤをつけて出すのではなく、いわゆる標準タイヤに換えておきましょう。意外かもしれませんが、スタッドレスタイヤは査定にマイナスになるものです。
状態が良ければスタッドレスタイヤごと買取を行ってくれる場合もあるかもしれませんが、すり減って溝がない状態になっていると、処分にお金がかかってしまうかもしれません。

10万キロ以上走った車というのは、中古車市場では過走行車というカテゴリーになり、売却見積もりを依頼しても激安価格になってしまうか、値がつかなかったという話もあります。



リスクがあるから値段がつかないという点では事故車と同じ扱いです。

こうした車は普通の中古車と同じ売り方をせず、事故車や多走行、過走行の車の取扱いを専門的に行っている買取業者に相談したほうが値がつきやすいです。
もしくは買取りはあきらめて、ディーラーでの買い替え時に下取りに出せば、これからお客になってくれると考えますから、値段がつく可能性が高くなります。

車を売るときに最初に気に掛かってくるのは買取金額がどれくらいになるか、ですよね。
金額が思ったよりも低かったらガッカリします。車の査定を出してもらっても、金額を低すぎると思えたのでしたら、その業者で売る必要はありません。車を売ったあとから売るのをやめておけばよかったと後悔しても遅いので、相場よりだいぶ安いと思ったら他の業者でも査定してもらったほうが良いでしょう。

About the author

慎二

View all posts