私の住んでいるところは漁港にほど近い港町

親友などに愛車を買い取ってもらう場合には、お金を

親友などに愛車を買い取ってもらう場合には、お金をどうするかなどの契約事が曖昧になりやすいです。



本来自動車の売買は大きなお金を伴うことです。

いくら親しい友人であるからと言っても、いつまでに名義変更をしてもらうかや、車をいくらで売るか、お金をいつまでにどのように支払ってもらうかなど、重要項目についてはきちんと書面に書き残しておくべきです。

口頭で軽く言い残すだけの人とは、後からトラブルに発展してしまう危険性があるので、なるべくなら売買するのを止めた方が良いでしょう。特別な乗り方をしていなくても普通に付いてしまう程度の軽い傷やへこみなどは、買取査定時にマイナスされない場合が大半ですし、さほど神経質に気にする必要はないでしょう。

例えば、キズに爪が引っ掛かるほどのものやしっかりと目で分かるへこみ、それから塗装がはげていたりすれば査定時に減額されますが、それを回避するために個人で直したとしても修理費以上に査定額がアップされることにはなりません。
愛車を友人や知人に転売する場合、知り合いだからと安直に考えるのは持たない方がよいです。



必要な手続きを終わらせていなければ、無駄になるお金を支払わざるをえなくなるかもしれません。

後から大きな問題とならないように重要になる名義変更などの手続きは忘れないようにちゃんとしておきましょう。

自分の車は何年か前に事故を起こしており、フレームを直してもらったことがあるので、厳密に言えば修理歴ありということになります。



しかし、事故の痕跡が外からは目立たないのも確かです。

車の買取依頼にあたって修理歴を告げなかったらどうなるでしょうか。後になって減額請求などと言われても気分が悪いですし、まして裁判など起こされたら只事では済みません。


そういったリスクは背負いたくないので、事故歴や修理歴は全て報告しておくのがいいと思いました。


車の買取金額には消費税を含んでいるケースと含んでいない場合があるので、以前からよく確認なさってください。

また、買取業者が行う手続きが遅くて自動車税のお知らせが来てしまうこともあるから、売るときのタイミングによってはそういった事が発生した場合の対応においても確認しておいた方が最善かもしれません。

ディーラーへ中古車の下取りをしてもらう際には結構、多くの書類がいるのですが、自動車納税証明書もその内の一つとなります。


万が一、納税証明書を紛失した場合には、税事務所といったところで再発行を申し出る必要があります。自動車に関連した書類は、紛失することがないように常日頃からちゃんと管理を行うことが大切です。

車を高く買い取ってもらうためには、いくつかのカーセンサーの車査定業者に査定してもらうことです。


時間がないからと言って、一つだけの業者にのみ車の査定をしてもらい、買い取ってもらった場合だと、妥当な金額で取引されたのかということがぜんぜんわかりません。多少の手間と時間で、買い取り金額にはっきり差がでてしまいます。

車種によっても査定額に差はありますが、特に人気の高い車種は買取でも高い査定結果を出してもらえます。

具体的に言うと、ホンダのN-BOXやトヨタのプリウス、日産のセレナといった車種は買取においても有利な、人気車種だと言えるでしょう。
例え購入当時に人気が高い車種だったとしても、実際に車を売却する時に人気が落ちているなんてこともあります。そういった時はむしろ査定結果が下がることもありますから、注意してください。車を自分の手で売り買いすると、売り買いの手続きを、自ら行わなければならないので、相当の手間がかかってしまいます。だが、車の適正な評定だったら、専門家に任せ切ってしまえるため、たやすく車を売ることができるでしょう。但し、違法な儲け主義のカーセンサーの車査定業者も、いることが見受けられるので、周囲の人々の感想をよくよく調べたほうがいいでしょう。

所有者の異なる車を売るときには、どういった、必要書類をそろえれば良いのでしょうか。



基本的に車検証、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、実印、印鑑登録書などといった書類が必要となります。さらに所有者の同意書、委任状、譲渡証明書などの書類も揃える必要が出てくるのです。


実際、自分の車を売る場合よりも、少し面倒になります。

About the author

慎二

View all posts