中古車を売却するときに車検が1年1ヶ月以上残っ

自分で所有する車を売ろうとするときには、「車庫証明」は必要

自分で所有する車を売ろうとするときには、「車庫証明」は必要書類の中に含まれていません。

でも、新しく購入した車に関しては、自動車保管場所を指定して、車庫証明書を取得する必要性があるのです。



車庫証明書については自動車を購入した店舗で代行してくれることがほとんどでしょうが、自分で手続きすることもできます。
ちょっと手間はかかりますが販売店側に手数料を支払わなくても構わないので、自分自身で車庫証明書を取りに行くのも良いかも知れません。

車庫証明の取得に関しては、以前所有していた車をどうしかの説明が必要ですから、売買契約書を持って行く必要があるのです。

天気の悪い日(曇天や雨天)の査定では、総じて車のアラが目立たないので本来の価値よりも高めの査定額になりやすいとする説があるのですが、実績を積んだプロが見落とす可能性は低く、「見落とさない対策」も用意されているので、今となっては絶滅寸前の噂と思ったほうがいいでしょう。
そもそも洗車してきれいな状態の車というのは晴れた自然光の下では断然見栄えがします。以前から天気と査定の関係はいろいろ言われていますが、各々同じくらいのメリット、デメリットを有するので、査定日の天気で一喜一憂するのは現在では意味のないことのようです。売ろうと思って見てみたら、スリップサインが出るほどタイヤが古びていたというのはよく聞く話です。


しかし買取業者に見せる前に新しいタイヤに履き替える必要はないでしょう。車本体は交換が効きませんがタイヤならすぐ替えられますし、車を中古車市場に出す時に業者がいまどき風のタイヤに付け替えることが極めて普通に行われているからです。ですから、見積額への減点査定はたいしたものではありません。
せっかく交換しても査定額アップは期待できないですから、掃除するだけに留めるほうが無難です。車の取引を行う際は、さまざまな出費がついてくることに気を付けなければいけません。

車を業者に売る時にも、手数料支払いの義務があります。


業者と取引するときは、車本体の買取価格のほか、手数料がいくらになるのかも事前にチェックしておきましょう。



「そろそろ車を買い替えたい」という時、今乗っている車をどうするかはよく考えたいところで、安易に下取りをディーラーに依頼するよりは、中古車の買取を専門にしている業者を賢く利用する方が、かなりお得だということが、近頃では特に、よく知られるようになってきました。



お店に出向く手間をかけることなく、パソコン、スマホなどを利用してネット上で査定額の目安を知ることができて便利です。

それが中古車を査定する専門サイト、すなわち車査定サイトです。


使い方ですが、メーカー、車種、年式、またサイトによってはある程度の個人情報などを入力するだけで、数分後判明します。



車の査定を受ける際の手順としては、まず初めにインターネット等で一括査定を頼みます。



中古車の買取業者からこちらの情報を基にした査定額が出てきますから、査定の高い業者や、信頼できそうな業者を選び、車を実際に査定してもらいます。

査定の額が充分であると思ったら、契約をして車を買い取ってもらいます。

お金は後日に振り込まれる場合が多くあります。


一般的には、車を査定に出す時、洗車をしておいた方がいいのかというと洗車すべきという人、と洗わなくていいという人がいます。


普通に考えると、査定の人に見てもらうのですから、きれいにしておくのが当たり前のようにも思えますが、そうすると、汚れの下に隠れていた微細な傷まで露わになってしまうわけです。
確かに汚れで傷は隠れるでしょうが、そうはいっても査定人だってこの道のプロ、こういったケースにも慣れています。洗車していようがしていまいがキズを見落としたりする訳がありません。
そうであるとするなら、担当者の印象を悪くしないためにも、ある程度以上の汚れを落とすため、少し洗車しておくと良いです。乗っていなくても所有しているだけで維持費がかかってしまうのが自家用車です。



公共の交通機関が自宅周辺に沢山あって、車がないことで相当の不便がなければ売却することでかなりの節約になること請け合いです。自動車維持にかかる費用の内訳は、車検や定期検査の料金、自動車税や自動車保険代金、自分の家に駐車スペースがなければ駐車場の料金も維持費として挙げられます。

これらを総合的に見ると、1年間で何十万円もかかっているケースもありますから馬鹿にならないのです。買取にまつわる詐欺被害も起きているので気を付けてください。
高めの査定金額で安心させて、契約をさせておいて、あれこれと理由を付けて当初の金額よりも大幅に減額して買い取ろうとしてきます。それなら当然、買取に出すのを止めようとすると、今は車はここにはないなどと言い、運送や保管の費用だなどと言って支払いを要求してくる手口もあるようです。その他にも、車の受け渡しをしたのに買取代金の振込がないという詐欺事例もあります。

車査定では、走行距離が長ければ長いほどマイナスに評価されます。


走行距離10万キロを超えた車は、高く売れるはずの高級車でも査定価格ゼロの可能性を考えて良いです。同じ走行距離の車でも、その期間が短ければ短いほど不利だと考えてください。より短期間に酷使された現れとして評価されるのが普通だからです。

About the author

慎二

View all posts