業者が提示した買取額で了解し、売買契約に署名捺印するとなれば、

自分以外、たとえば家族や親類名義の車であろうと

自分以外、たとえば家族や親類名義の車であろうと、手間はかかりますが売れないことはありません。
売買契約時に通常の書類一式に追加する形で、名義人からの委任状(認印不可、実印のみ)と印鑑証明、車を誰が誰に譲渡したのかという譲渡証明書が不可欠です。

ただ、所有者が故人のときは、譲渡証明書も委任状も書けませんし、そもそも印鑑登録も無効です。



このような場合は、名義の変更(移転登録)を行った上で売りに出します。


一般的な売却と違い、亡くなられた方名義の車というのは必要書類も多く、時間も手間も余分にかかることは覚悟しなければなりません。

車の買取を専門にする業者の中には特徴があって、軽自動車を専門的に扱ったり、輸入車や事故車を扱うなど、特定ジャンルの車の販売を得意としていたり、若しくは専門としている買取業者が存在します。


もし売却予定の車が軽だったら、軽自動車限定で扱っている会社に売った方がきっと高値を付けてくれるはずです。そのような会社は中古車の一括査定サイトを使ったときに、一般の買取会社よりも幾らか高値で取り引きしようとしてきますから、なんとなく分かります。別の車が欲しいと思っています。現在は外車に乗っているのですが、巷ではあまり見かけない車種ですから、いくら位の値付けをしてもらえるのか悩ましいです。二社以上の買取業者に実物を見てから査定を出してもらえるよう申し込みをして、折り合いの付きそうもない査定額だったら、別の方法(オークションなど)も選択肢に加えた方が価値を分かってくれる買い手がみつけられる可能性があるでしょう。売却を前提に業者に車の査定を申し込む場合、所有者側で何か書類などを整える必要はまだありません。

ただし、業者が決まって売却するにあたっては、最新の納税証明、車検証、自賠責保険証といった複数の書類を求められるでしょう。
また、役所で発行される印鑑証明書などは代理人が行けば後日郵送になってしまいますし、書類と現在の姓が違っている人はもとより、住所地の変更などがあった時はそれを証明する書類が追加されます。



中古車屋に売ると決めたらあらかじめ書類を揃えておくと、売却手続きに要する時間を減らすことができます。
簡易査定後に実車査定を受ける段になると、金額を提示した業者は即決を促すでしょう。
いま決めてもらえたら金額を上乗せするといった商談が展開されるでしょうが、その場で決めるのは得策ではありません。
車を売却する際はより多くの買取業者から見積りを集めるのが良い査定額を引き出すコツなのです。

とりあえず多くの会社から見積りを出してもらい、材料が手元にそろってから取引の交渉に臨むのは当然のことなのです。売却予定の中古車を査定するときには、カーナビゲーションシステムなどのオプションがついていると基本的にはプラスの査定になることでしょう。


但し、古い車種でなければカーナビが付いていない方が珍しいので、新しい型のカーナビシステムが付いていないと大きく見積額がプラスになるとは思えません。そして、同じ理由によってもしも、カーナビがない場合には低く見積もられる場合も出てきます。


個人でインターネット上の中古車一括査定サイトを利用する場合に短所になることと言ったら、査定サイトに登録されている中古車買取店舗からすぐさま一度に電話攻撃されることが挙げられるでしょう。
まあ最初はこちらからサイトを利用したわけで、一口に悪いことだと片付けられません。

でも、非常にしつこく困ってしまう場合には、自分の車を実際に売ろうとしていなくてもすでに手元に車はないと言ってしまうのがうまく電話攻撃をかわす手段のひとつと言えますね。
自分の車は何年か前に事故を起こしており、歪んだフレームを直してもらったので、つまり修理歴が有るということになります。

とはいえ、相当注意して見ないと修理の痕跡はわかりません。

買取をお願いするときにそのことは正直に告げないといけないのでしょうか。

それで後から減額を要求されても気分が悪いでしょうし、まして裁判など起こされたら只事では済みません。

そういったリスクは背負いたくないので、修理歴は素直に報告しておくことにしました。車査定を行う場合、店舗に直接行ったり、自宅へ業者に来てもらうのが一般的です。

また、メールでの車査定を行うところもあります。


ただその場合、買取業者と直接のやり取りが必要なため、非常に面倒なのです。
そんな中には、しつこく何回も営業をかけてくる業者もいるので、不快な思いをすることもあるでしょう。


車の査定が効率的に進むプロセスとしては、一括で査定できるサイトを使い、査定申し込みをします。その際に複数の中古車買取業者に申込することです。現物の査定は数カ所を選んで行います。



そこで初めて買取業者を一つに決定し、売買契約を結ぶことになります。代金はどうなるか、というと後日、現金での取引ではなく銀行口座へ振り込まれるという方法が多いのですが、売買契約を結ぶのが中小規模の中古車買取業者であった場合、用心するに越したことはないので、口座に振り込んでもらうのではなく、現金の取引の方がいいでしょう。

About the author

慎二

View all posts