車査定では、走行距離が長ければ長いほどマイ

新車を買うときにはディーラーに車を下取りを依頼することも

新車を買うときにはディーラーに車を下取りを依頼することもわりとありますが、その時、下取りと同時にスタッドレスを買取依頼ができるのでしょうか。
実際、ディーラーによって対応の違いは結構、差があり、高い値段で買い取ってくれる場合や処分引取りでタダになる場合もあるので、前もって確認することが大切です。
自動車を下取りに出さないといけない時、だいたいいくら位するものなのか知りたいと思うことあるでしょう。

では、車が大体いくら位で売れるものかは情報を得ることは可能なのでしょうか。


先に言ってしまうと、相場は分かります。しかし、本当の下取りの値段とは少し違ってくると思ってください。買い取られる時期にもよりますし、車がどのような使われ方をしたかにもよるので、必ず、相場の価格で買い取りされるわけではありません。

査定に備えるためには、タイヤの状態が良ければ良いほど買取条件を変えられるので痛んでいないタイヤであることがベターだと言えます。もし古いタイヤだったとしてもタイヤ交換の必要はありません。


タイヤ交換の費用の方が高くつくことになります。スタッドレスタイヤ、それに、社外アルミホイールをつけている場合、オークションに出して売った方が手間はかかりますが高く売れるようです。
これから売ろうとしている中古車の見積額を下げてしまう要因には幾つかあるのですが、大きく見積もり金額を下げる要因の一番大きなものは、売ろうとしている中古車が過去に修理をしたことがある場合です。

ものによっては査定金額が付かないところまで低い金額になってしまうケースもあるので注意が必要です。しかしながら、事故や故障で修理してしまうと必ずしも修理歴車と呼ばれるわけではなくて、売却予定の車の骨格に相当する部分にまで損傷が及んでいて、甚大なダメージを修理してあるのが修理歴車なのです。たとえ車そのものは綺麗でも走行距離が10万キロを超えるとなると、過走行車(多走行車)などと呼ばれ、業者に査定に来てもらったところで、ほとんどタダみたいな値段になってしまうことが多いです。車は命を預ける乗り物ですから、安全性を考慮して過走行車や事故車は敬遠されるのが普通です。

このような場合にも、売却する方法がないわけではありません。事故車や多走行、過走行の車の取扱いを専門的に行っている会社に最初から依頼した方が良いです。

もしくは買取りはあきらめて、ディーラーでの買い替え時に下取りに出せば、先々のことを考えて相応の下取り価格を出してくる可能性が高いです。
自家用車を手放そうと決めたら、出来るだけ綺麗に清掃してから車を売りに出すことです。きれいに掃除するわけは2つあります。一個目は、査定士に「このオーナーは車を丁寧に扱う人だ」と好印象を持ってもらえるからです。

もう一点の理由は、自動車の中に染みついているいやな臭いを軽くする効果があるからです。

タバコの臭いやペット臭が残っていると、その具合によっても異なりますが、大幅に査定金額が下がっても致し方ないと言えます。臭いの元は車内に残っている汚れですから、細かな部分まで清掃することで臭いを軽減することが可能です。車体のキズやへこみ、塗装の擦れなどは中古車の売却査定の際に隅々まで確認されるのが普通です。


見た目にわかるキズは減額要因になるものの、舗装の巻き上げ等でつく小傷などは特に減額対象としない場合が多いです。
査定前には僅かなキズでも気になるかもしれませんが、修理に出したところで修理代を上回るほどの査定額アップはまずないと考えて良いでしょう。

個人と業者では修理コストが違うのですから当然です。車査定の依頼をした場合、お金はいるのでしょうか?結論からいうと、お金は無料です。基本的には、車の査定でお金を取ろうとする業者はありえないと考えてよいでしょう。特に、大手買取業者で料金を請求するところはありません。ですが、買取業者によっては、査定料を請求してくる業者もあるので、用心して下さい。


簡易査定後に実車査定を受ける段になると、査定が終わった業者はすぐにでも契約を迫ってくるでしょう。もし即決なら見積りに色をつけても良いといった熱烈な口上は、すべて営業手法ですから、即断するのは間違いです。中古車売却時には複数の会社から見積もりをとって競合させるのが高値売却の秘訣だからです。

心が動くかもしれませんが、まずは多くの見積額を手にすることを優先的に考え、材料が手元にそろってから次の交渉段階に進めばいいのです。

けして焦りは禁物です。車の査定額に不満があれば、納得のできる査定額を出してくれる買い取り業者を発見するまで出張査定を繰り返してみてもいいと思います。しかし、短くない期間に渡って出張査定ばかり頼んでいると、その間に車のレートを下がってしまって、マイナスになる可能性もあります。ネットで、ある程度のレートを知っておき、妥協することが、ポイントかもしれません。

About the author

慎二

View all posts