買い換えや処分など、乗っている車を売却しよ

車の査定は夜や雨の日に申し込んだ方が得策といわれる

車の査定は夜や雨の日に申し込んだ方が得策といわれることがあって、見積額が少々上がるという説が世の中にはあるようです。雨の日は水滴がついてしまいますし、夕方以降は日の光が当たりませんから車体の傷などが見えにくくなると言う訳で夜や雨の日に見積もりした方が良いと言われるのです。そんな説があっても、じつのところそれで高値を付けてしまうほど経験不足の査定士がいるわけではないのです。


それより逆に、本当に見落としてしまったときの場合に備えて、見積もりが低めに出されてしまう場合もなきにしもあらずなのです。カーセンサーの車査定業者に売却依頼するときは、その車の走行距離で査定価格に大きな違いが生じます。



走行距離は一般的に「1年1万キロ」と言われており、2年なら2万キロ、10年10万キロ。
それを超えると査定額は少なくなります。走行距離だけに限って言えば、短ければ短いほど標準の査定額よりアップします。しかしこれが10万キロ近く走っている車はマイナスすぎて査定額がつかないこと多いです。もっとも、これは単純な目安に過ぎません。



車の種類や状態によっても違いは出てきます。


普通自動車でも軽自動車でも車を所持していると、たとえ使う頻度が少なかったとしても維持費は同じようにかかるのです。
自動車税は毎年かかりますし、車検は二年に一度実施しなければいけませんし、自動車保険代もかかります。更にいうならば、持ち家でなかったとしたら、別に駐車場代金も必要になってくるのです。

自分が持っている車を手放そうかどうしようか悩んでいる場合には、これらの維持費を払い続けても乗り続けていたいのか充分に検討してみれば、売るべきか乗り続けるかという結論を出しやすいでしょう。
買取店から出された中古車査定金額に自分が納得できなかったときには、断っても良いのです。

多数の業者に査定してもらいできるだけ高く買い取ってくれるところで実際の取り引きをする方が良いでしょう。

しかしながら、売買契約書を取り交わした後での車の売却キャンセルは難しいか、キャンセル可能でも賠償金が発生する場合がほとんどです。

契約に関する詳細については取り交わす契約書に記載されていますから、契約するときはどんな時でも全文に目を通すクセを付けた方が良いでしょう。今日では車の買い換えをする際、買い取り業者に査定を依頼し、車を売却することも一般的になってきました。その際、気を付けておきたい点があり、事故歴や修理歴について、相手にきちんと伝えておかないとどうなるか、です。車の売却時、業者と契約書を交わしますが、そこに買取査定規約が記載されていて、事故歴については、わかっている場合にはそのことを申告する義務について記されています。

これにより、事故歴や修復歴をあえて隠していた、申告していなかった、という場合には、契約後、あるいは買い取り後であっても事後減額要求ができることになっていますから、事故歴は隠さず、申告しておきましょう。

車を買い取る際の流れは大まかにはこのような通りになります。まずは申し込みをしていきます。電話での申し込みや直接来店して依頼するやり方、インターネットでお申し込みをご利用いただく方法もあります。

申し込みが終わったら、査定です。査定担当者が車の状態を把握し買い取り金額を導き出し、その額に納得がいけば成約しましょう。


以上の流れが車買取の順序です。


自動車の査定では、高額の査定額になるための条件がいくつかあります。その一つに挙げられるのは、売れる車種かどうかでしょう。その理由は、市場でよく売れる車種は、たとえ高値で買い取ったとしても買い手が見つかりやすく、たとえそう安くなくとも購入したいという声が上がりやすく、査定ではじき出される価格が高くなる場合がよくあると思われます。例として挙げられるものは、アルフォードやワゴンR、それに、フィットやハリアー等々です。


これらが人気のある車種の一部として挙げられます。知っておいた方が良いこととして、車の買取市場において言えることは、中規模や小規模の企業と、業界大手の企業では車を査定するときのスタンスが異なっているという点が挙げられるでしょう。自前の販売ルートが確保できている大手の企業の場合は、同時に資金力も豊富ですから、積極的に買取を行っていきます。


その一方で、基準に則った買取価格しか表示できず、いったん示された査定金額に対し、価格交渉する余地は低いのが現状です。
その一方で、中小の買い取り店舗は一車種毎にオークションで販売していく方式をとることがほとんどのため、関わった中古自動車査定士が「これはいける」と思えば見積もりがアップする可能性が大きいのです。

これまでに、交通事故を10回程起こしてしまいました。



事故によって車が動かなくなってしまった際には、レッカーを頼んで自走できなくなった事故車の移動をお願いします。



この事故車の処分ですが、わずかな金額ではありますが近所の買取業者に買ってもらいます。廃車処分をするとしても意外と、お金が必要ですから、このような買取業者の存在は、有難いですね。
ライフステージが変わって乗り換えることにした、など乗っている車を売りに出すことを決めたなら、心情としては、ほんの少しでも高い金額で売りたいと願うところでしょう。

その車がもしも、人気のあるボディカラーであったなら、業者で査定を受ける際、意外と良い値段になったりすることがよくあります。

その時々で流行りや人気の色、というのは変わりますが、例えば白、黒、またはシルバーなど、あまり主張しないような色は車史上いつの時代でも万人に受けが良い色で、根強い人気を誇ります。

About the author

慎二

View all posts