「契約書」に書かれている内容を充分に理解して契約す

「契約書」に書かれている内容を充分に理解して契約す

契約書」に書かれている内容を充分に理解して契約すると言うことは、自動車売買のときに限らずにいろいろな売買契約を行う際に非常に重要になってきます。自分が署名して捺印をすると、そこに書かれていることは全て法的に力を持ったことになります。


書かれている自動車の内容に問題はないか、金銭面で分かりにくい箇所はないか、じっくりと確認することが大切です。

少しでも不安に思ったら自分が納得するまでスタッフなどに質問する姿勢は大事にした方が良いですよ。車を売りに出したいと思案したときにお勧めしたいのが、インターネット上の車一括査定サイトで見積もりを出す事が選択肢としては有効です。


たくさんの業者の査定額を比較できますから、ひとつひとつの会社に見積もりを出してもらわなくても高値で取り引きしてくれる会社を調べ上げることが出来るのが良いところです。
しかも、更にその車の価値が今の段階で大体どのくらいあるのかが分かります。父が14年ほど乗ったワゴン車を買い換えることを決めたようでした。
知り合いである車業者に、父が車を見せると、年数も経っているようだし、劣化も激しいとのことで、廃車にした方が良いと薦められてしまい、買い取りをしてはもらえませんでした。

廃車にすると諸々の費用がかかるので、父は車を買取業者に引き取ってもらうことにしました。



査定士が実車を査定するときは所有者がそこにいる必要があるなどといった約束を設けている業者はいないと思いますが、本人不在で起こりうるトラブルを未然に防ぐためにも、可能なかぎり実車査定には所有者が同席するようにしましょう。


悪質と決めてかかるのはいけませんが、ひどいのに当たると、家族が立ち会っても所有者本人でなければ様子に疎いだろうと、わざと車体に傷を作るといった違法な手法で買取値を安く下げようとした例もあります。

車両を売却する際は、高く買ってもらいたいです。

その時に注意事項があります。



それは、査定をする担当の人に嘘を言わないことです。相手は専門の査定士ですから、あなたの嘘やいつわりはいとも簡単にわかってしまいます。


嘘を言ってもプラスになるどころか、心象を悪くしてしまい、マイナス効果となってしまうのです。



今まで使っていた車を買取業者に引渡してしまったら、新たに車を買うまでに時間がかかってしまうこともあるでしょう。代車を貸すシステムのある買取業者も出てきています。査定の時に希望を伝えておけばスムーズに代車を借りることができるでしょう。あるいは、新車のディーラーで代車を出すところも多くあるので相談してみましょう。自動車を持っている人全員が加入することになっている「自賠責保険」は、一定の条件を満たせば自動車を手放すときに還付金をもらうことが可能です。一定の条件というのは、廃車にする場合で、自賠責保険の有効期限が一ヶ月以上残っている時です。売りに出すときには還付の対象から外れます。
それから、戻ってくるお金がある場合にも手続きなしに入金されるという事はないのです。自賠責保険会社に対して自らが書類の手続きをしなければ還付されるものではありません。
改造車は売ることができないと思っている人は多いかも知れません。

しかし、改造車でも査定してもらって買い取りに出すことは可能です。


しかし、何処にでも在る一般的な買取店舗では買取が成立することは約束できませんし、マイナス査定になることが多い場合があることを覚えておいてください。改造車を売ろうと考えているならばきちんと知識があって、改造車を売る手立てのある専門の店舗に持ち込むことを選択すると良いですね。



状態によりけりですが、改造車でも査定額アップが望めるケースもあります。中古車の相場は変動するので実車査定は欠かせませんが、その方法は中古車屋に知人でもいない限り、次に上げる二つしかありません。


比較的なじみ深いのは、自動車の購入と処分を同じディーラーで行ういわゆる「下取り査定」です。
一箇所で購入と売却(下取り)を済ませられるので、普段から車を使う人にとっては足がない期間の心配が要らないので良いのですが、下手をするとディーラーの言い値になるため結果的には買取業者に頼むよりも低い買取り価格になるようです。

一方、買取専門業者に査定を依頼すると、少なくとも2社以上に依頼すれば競争になりますから、ディーラーの下取りよりは高値になる可能性が高いです。売却を前提に業者に車の査定を申し込む場合、取り立てて用意しなければいけない書類などはありません。

ただ、実際に売却する段階になれば、必要な書類はひとつやふたつではありません。売却するのが普通乗用車なら実印と印鑑証明書が不可欠ですし、姓の変更があった場合や引越しで既に住民票を移してしまっている場合などはそれを証明する書類が追加されます。

業者は決まらなくても、売ると決心した段階で先に書類を揃えておくのも良いかもしれません。

About the author

慎二

View all posts