ぼちぼち車を買い換えたくて、今使っている車を売ろうと思っていた

ぼちぼち車を買い換えたくて、今使っている車を売ろうと思っていた

ぼちぼち車を買い換えたくて、今使っている車を売ろうと思っていた時に、友人から無料一括査定の方法を小耳にはさみました。

数社の買取業者から一回の申し込みで見積もりをもらえて、条件が良い会社を自分自身で選べるなんて、忙しくて時間のない私にとっては、すごく使いやすいものです。

ぜひ一括査定を使いこなそうと思っています。

親戚や家族が所有者として登録されている車も要件さえ整えば売却できます。



普通の売買手続きで必要な書類に加え、所有者の印鑑証明書、所有者による委任状(実印押印)、そしてこれも実印の押印がある譲渡証明書の三点を提出しなければなりません。ただ、所有者が故人のときは、これらの書類を書いてもらうことは出来ません。このときは、運輸支局で移転登録を済ませ、車が新たな所有者のものとなった時点で売却が可能になります。一般的な売却と違い、亡くなられた方名義の車というのは必要書類も多く、手続きには時間がかかると見ていいでしょう。二重査定制度といえば、後から査定額の変更ができる制度をさしています。



中古カービューの車一括査定業者に査定依頼を頼んだとして、額が決まるとします。


本来なら、その額で買い取ってもらいますが、後々大きな傷や故障箇所が見つかってしまうこともありますよね。



そういった時には、一旦決定していたはずの査定額を変更される可能性なんかもあるのです。

車の売却についての一連の流れを説明すると次のようになります。

初めにネットの一括査定サイトを活用して、実車査定なしの簡易査定額を算出してもらいます。それから業者が来て実車査定を行い、実際の査定額(買取額)が提示されます。

安いと思ったら断るか、もしくは交渉を経て満足な価格になったところで契約書を交わします。契約すればあとは車とキーを業者に渡すことになります。

そして先方による書類上の手続き等を経て代金が支払われます。支払いは振込が一般的です。車を売ろうと思っていて中古車買取業者の査定を受けて、売ることが決まった後でなんと、減額請求をされることもあるのです。


ちょっと待ってください、「しっかり検査してみたところ、不具合がありました。


なので買取額を減額します」と言われてしまったとしても応じる必要はありません。不具合を知っていたにもかかわらず、事前に知らせていなかったというならいけませんが、そうでなければきっぱりと減額を断るか、契約をやめましょう。自動車の売買契約後に買取金額が減額となってしまったり、クーリングオフができなかったというトラブルも結構、頻繁に発生しています。


契約書にしっかり目を通しておかないと後から困るのは当人なので、面倒くさいと思わず目を通してください。中でも、キャンセル料が発生するのかどうかは、重要なことなので、しっかりと確かめるようにしましょう。

一般に買取業者に中古車を売却する際、査定にかかる費用は請求されないのが普通です。その一方で、手間がかからないからとディーラーの下取りで済ませてしまうと、つい下取り額にばかり目がいって、査定代のほうまで気が回らないことがあります。



例えば下取額が10万円で査定手数料が1万円なら、実質利益は9万になるということです。


業者の無料査定を経験した人ほど費用面のことは失念しやすいですから、下取り査定に取りかかる前に、手数料等の有無を念のために確認するようにしてください。査定は有料だと言うのであれば、買取業者の方が有利ということで、ディーラーに価格交渉するネタになります。自賠責保険の契約を解除すると残存期間によった返金があるのですが、車を売却する場合は買取を行う業者が名義変更で対応するので、返戻金は手に入らないでしょう。でも、その分買取額を高くしてもらえることが沢山あります。

加えて、自動車任意保険の際は保険会社に連絡を取り、返戻金をもらうようにしてください。


車買取の順序は大まかには以下の通りとなります。

まずは申し込みを行っていただきます。電話での申し込みや直接来店して依頼するやり方、インターネットを使って申し込みする方法もあります。
申し込み終了後、査定です。査定担当者が車の状態を把握し買い取り金額を提示し、その額に納得できたら成約となります。

以上のように車買取は進みます。



こちらに非のない状態でぶつけられたりして、シャーシが歪んでしまった場合は修理も大掛かりになりますが、のちのち車を下取りに出そうにも、事故歴のある車として扱われ、値段がつかないこともあります。
事故の原因となった相手に賠償を要求できれば良いのですが、まさにケースバイケースで、どのような判定になるかはわかりません。

保険だけで解決しようとする場合、当事者間で話し合っても当の保険会社としては何ら支払いをしてくれない場合が多いです。
どうしてもというのであれば、裁判も辞さない覚悟で弁護士に相談する以外、手はありません。

About the author

慎二

View all posts