自分の車を売却する場合には色々な書類を準備する必要があります。

自分の車を売却する場合には色々な書類を準備する必要があります。

自分の車を売却する場合には色々な書類を準備する必要があります。

その中でも、自動車検査証、要は車検証は、非常に重要な書類です。
そのほかにも、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、印鑑証明書、譲渡証明書といった書類を用意しておく必要があります。


そのほかに、実印も必要となるので、ちゃんと用意することが大切です。
車の売却についての一連の流れを説明すると次のようになります。
初めにネットの一括査定サイトを活用して、実車査定なしの簡易査定額を算出してもらいます。



それから買取業者による現物査定が行われ、買取金額の提示となります。必要に応じて金額アップの交渉などを行い、代車手配や価格などで折り合いがつけば晴れて契約です。
その後、対象となる車を業者が取りに来て、先方による書類上の手続き等を経て代金が支払われます。
支払いは振込が一般的です。



これから車を中古車として売るならやるべきことというと、机上調査と実地チェックがあげられます。



つまり、ひとつは査定サイトなどを活用して市場動向を把握することが大事です。自分の車の価値をだいたいでも把握しておかないと、足許を見られて買い叩かれる危険性もゼロとは言い切れないからです。
あと一つしておくべきことは、車磨きです。


車の外側はいつも通りの洗車で充分ですから、車内の掃除を頑張りましょう。

少しでも車内に匂いがあると、査定士はマイナスチェックをしますし、使用感のある車は好まれません。
車査定を受けるのに一番良い時期はいつでしょうか。一般的には3月が一番良いそうなのです。
3月が一番良い理由としては4月なると入学や就職に向けて中古車を求める人が増え、中古車市場が最も大きく動く時期なのです。需要が高くなるということは、気になる買取価格についても、多少は高めに買ってもらえるようです。さらにこの時期は自動車税のことも考えなくてはなりませんので、査定も売却も3月中に済ませてしまう事を正解ですね。今まで使っていた車を買取業者に引渡してしまったら、次の車が手元に来るまでに時間がかかってしまうこともあるでしょう。

代車を貸してくれる買取業者も増えています。


査定時に相談していれば早めに代車を準備してくれることもあります。
あるいは、次の車を買う際に代車が使えるディーラーもありますから、事前に聞いておきましょう。
パソコンでもスマホでも、「車査定 相場」で検索すると、一括査定サイトが何ページにもわたって出てきます。その中には、査定相場の一覧表を見ることができるサイトも人気があります。

1円でも高く車を買い取ってほしい人にとって、どんどん便利になっています。その中で、詐欺まがいの被害に遭わせる業者の報告は絶えません。口コミなどを丸ごと信じてはいけません。

注意して調べましょう。



新車に買い換えるときは、古い車を下取りに出すか買取にだすか迷いますね。下取りはすべておまかせですが、買取は査定に来てもらう手間があります。



何を優先するかは本人次第ですが、年式なりの状態の良し悪しで、買取と下取り価格には大きな開きがあると思います。

うちでは妻が買い物用の車を買い替えるとき、僕は「下取りはちょっと待て」と言って、買取業者に声をかけてみました。

そしたら、買取のほうがダントツで高かったんです。買取代金は後日振込みでしたが、引取りの翌日には振り込まれていました。30万円以下なら現金払いもできるそうです。ともあれそのお金でひとつ上のグレードの車を買えたのは嬉しかったです。
下取りでいいのにと渋っていた家族も、このときは「すごーい」と言ってくれました。
自動車査定の際、高額査定のポイントの一つに挙げられるのが、皆が買いたいクルマかどうかです。

なぜかというと、市場での人気が高い場合には、たとえ高値で買い取ったとしても売れ残る可能性が低く、値を落とさずとも売れる可能性が高いため査定ではじき出される価格が高くなる場合が多い可能性が高いです。
例として挙げられるものは、アルフォードやワゴンR、それに、フィットやハリアー等々です。これらがよく売れる車種です。
車の取引を行う際は、種々の費用が生じるということに忘れないようにしましょう。


車を業者に買い取ってもらう際にも、忘れずに手数料を支払いましょう。業者との交渉が始まったら、車自体の買取価格だけでなく、手数料がいくらになるのかも確認しておいた方が良いでしょう。


車種によって人気色は違います。
例えばトラックはホワイトが定番で人気ですよね。

しかし、他の車種の場合は、ホワイト・ブラック・グレー系が査定額が高い人気色です。良く買われている色、つまり「定番色」が買取の現場でも有利という訳です。他にも、パール系やメタリック系のカラーの場合は同色でもソリッド系の色よりも人気が高く、査定額が高いとされています。



また、希少価値が高いもの(メーカー純正の限定カラーなど)も、高値がつくことがあるようです。

About the author

慎二

View all posts