先日、長年の愛車をついに売りました。売りに行ったときに売る先の中

先日、長年の愛車をついに売りました。売りに行ったときに売る先の中

先日、長年の愛車をついに売りました。売りに行ったときに売る先の中古車業者から、その後の中古車をネットで販売する流れや売却の手続きに関する書類などの丁寧な説明を受けました。
大切にしてきた思い出深い車なので、大事に扱ってくれる人に売れるといいなと思い、こちらも真剣に話を聞きました。


最近では、出張をして査定をする楽天車査定業者がほとんどだと思います。

指定の日時に自宅に査定スタッフが出向き、車の状態を調べて見積りを実施します。その買取査定額に納得出来るようであれば、車の売買契約を締結し、車は業者へ引き取られていき、数日後にご自身の口座に買取代金が振り込まれます。



もう新車種に乗り換えようかと考えていますが、面倒な事をしなくても車査定できる買取業者は存在するんでしょうか。

こちらの個人情報が伝わってしまえば、頼んでもいないのに、セールスの電話がかかってきそうで恐ろしいです。

時間に追われているため、インターネットで個人情報を教える必要がなく査定を済ませてくれるサービスを選びたいです。


車を査定してもらう際の大まかな手順は、一番初めに一括査定をインターネットなどで申し込みます。そうすれば、中古カービューの車一括査定業者から入力情報を基にした査定額が表示されますから、その中で、査定額が高い業者や信頼することができそうな業者に実際に査定してもらいましょう。



査定に満足することができたら、契約し、車を売却します。

代金はその日にもらえるのではなく、後日振り込まれる場合が多くあります。普通は、中古車売買に於いて査定書等の発行はされないことが多く、査定書を出して欲しいと言ってももらえない事の方が多いです。

残された遺族で相続の手続きをするときや、自己破産の申告を行うときの資産証明を必要とする場面で車の査定額がハッキリと分かる証明が欲しい時には、日本自動車査定協会(JAAI)にその車の査定額を見積もってもらわないといけません。

JAAIは国内で50ヶ所以上の事業所を持っていて、査定には指定の料金がかかります。

それから、事前に査定の申し込みが必要です。
WEB上に多数存在する無料中古車一括査定サイトは、車を手放そうと考えているときには大変役に立つツールです。
一括査定を申し込んですぐ車を売るように勧める電話攻撃が始まるでしょうが、必要ない買取会社にはもう売ってしまったと嘘をつくことでひどい電話攻撃も和らぐでしょう。
査定してもらった業者のうちで売却予定の車に対して高く見積もってくれた数社を選び、「実査定」に進むようにしたら良いでしょう。そうは言っても、見積額の相場よりあまりにも高いような業者は用心するに越したことはありません。


車の査定はしてもらいたいけど、個人を特定するようなことは教えたくないという人も多いのではないかと思います。けれども、匿名で車の査定をしてもらうのは不可能といえます。


メール査定であればできそうだと思いがちですが、残念ながら申請に最低限必要な個人情報を要求されるので、匿名は無理です。

車を査定するなら、必ず個人情報を相手に開示する必要があります。車を買い取ってもらう時に注意しなければいけないのは、悪徳業者についてです。
一般的に名の通った会社なら問題ないですが、他に支店を持っていないようなお店は注意すべきです。



知らず知らずにでも、悪徳業者と売り買いしてしまうと、車を渡したのにもかかわらず、代金はもらえないという場合もあります。車の買取にかかる手数料は、査定を依頼するときと同様で無料です。


といっても、売買が決まれば車の名義変更をしますが、業者(買主)に手続きを一任するなら代行手数料がかかります。代行手数料の支払いは、買取価格から差し引く形が多いようです。

そうでないときは、契約書にサインしたのち、営業担当者に支払う場合もありますし、現金の扱いを禁止している会社では後ほど指定口座に振り込むことになります。また、手続きの際には所有者の印鑑証明、それに、住民票のうつしを必要としますので、その取得費にそれぞれ300?500円程度が必要になります。オークションで車を買おうという人は、安く車を欲しいと考えている人か車マニアの人です。


中でも、車を安い価格で欲しいと思っておられる方が大多数なので、一般的な車だと高く売却することはできません。ですが、希少価値があり珍しい車だとマニアの人たちに喜ばれることになるため、入札の件数が増えて、高値で売ることができます。

About the author

慎二

View all posts