中古車買い取りの専門業社で査定をしてもらうな

中古車買い取りの専門業社で査定をしてもらうな

中古車買い取りの専門業社で査定をしてもらうなら、少し気を付けて欲しい点があります。それは、初めから客を騙すつもりの、誠意の欠けた業者に引っかからないようにすることです。



初めに決めて納得していた査定額から、相場が変わったなど理由をこじつけて金額を減らそうとする、契約書類を作らず、金額など大事な点も口頭の報告で済まそうとする、催促するまで入金してこなかった、等々少しネット検索するだけで、気が重くなるようなエピソードも多く見ることができます。ネットに流れる口コミ情報が、どれもこれも本物だとは考えにくいのですが、車の査定では、結構な大手業者でもペテンのようなことをしてくる、という話もあり、気を付けるに越したことはありません。マイカーの買取下取り価格は過去何キロ走ったかによりだいぶ開きが出てきます。



10万kmを超えた車では下取り、査定価格の期待はできないです。
一方、3年で3万km以内、5年で5万km以内だったり、1年で1万km以内の走行距離の普通自動車ならば買取、下取り価格が高くなりがちです。


走行距離が短い方が車の状態も良いと判断されているわけですね。



中古車を査定に出す場合、タイヤの溝の減り具合も査定項目に含まれているので、タイヤの溝が磨り減っていたら減点されます。そうは言っても、売却が決まったときに新品のタイヤに履き替えてもかかった費用以上の上乗せは見込めないので、新しくタイヤを変える必要性は皆無ですね。
しかしながら、履いているのがスタッドレスタイヤの場合には、実際の見積もりに出す前にノーマルタイヤに戻した方が賢明です。

スタッドレスタイヤは時期や季節によって需要の有る無しがハッキリしているために、減点対象になってしまうことがほとんどですから。


車を手放す時の方法としては、ディーラー下取り、買取と呼ばれるものもあります。

でも、ディーラー下取りというやり方は、中古カービューの車一括査定専門業者にお願いするよりも安い値段になってしまう場合が珍しくないのです。他にも、オークションに出品するという方法もいいとは思うのですが、、手数料など、損する可能性も低くないというデメリットも知っておくべきです。車買取のシステムでは、入金される時期について皆さん気になりますよね。もしローンが残っていればその手続きを行い、車をもう一度点検し、見落としているものがないかどうか確認をしなければならないので、普通は、大体、買取契約後、約1週間以内にはお金が振込される場合が多いようです。もう誰も乗ることがなくなってしまって、すでに車検が切れてしまった車でも買取りしてもらうことは可能です。そうは言っても、車検が切れた自動車は公道を走らせてはいけない決まりがありますから、現地まで査定士に来てもらって見積もりを依頼しましょう。普通の自動車以外にも車検切れでもOKのところならば、ただで引き取りに来てくれる業者がほとんどです。
補足すると、査定に出す前に車検を通すことはあまり意味がないので止めた方が無難です。


車検にかかるお金の方が高くなる事が多く、査定金額アップはあまり望めないため損してしまうのです。現物査定を受ける場合、タイヤの摩耗などによって査定結果が変わってくるので、痛んでいないタイヤであることが得なのですが、状態がいいとは言えないとしても、新しいタイヤに替える必要はありません。

タイヤ交換の費用の方が高くつくことになります。



スタッドレスタイヤ、もしくは、社外アルミホイールに交換していたら、ネットなどのオークションで売るようにすると手間はかかりますが高く売れるようです。トラックといえばホワイトが定番で人気ですよね。
しかし、それ以外の車種の場合、ホワイト、ブラック、グレー系統の人気が高いです。
町でよく見かけるような車の色、つまり「定番色」が査定結果に有利に働きます。あるいはパール系やメタリック系ですと、ソリッド系に比べると査定に有利なようです。


あるいは、限定色の場合も高値になることがありますね。



これから売る予定の車のホイールが純正品でない場合は、出張査定に来てもらう前に純正に戻しておくことをおすすめします。例外はあるかもしれませんが、ホイールは純正品のほうが万人受けするという意味で高い査定をつけてもらえます。
屋外環境は素材の劣化を招くので屋外保管ならカバーをかけて時々状態をチェックし、可能なら室内保管が一番手間がありません。別注ホイールはそのコンディション次第ではカスタムショップやネットオークションで高値で買ってもらえるケースもありますから、調べてみると良いでしょう。

買取会社に査定をお願いするときに入り用になる書類について述べると、車検証、及び自賠責保険証明書の2通のみなので、とくに前もって準備するほどのことはありませんね。売買契約を結ぶときには車の名義変更が必要になってくるので、印鑑証明、および自動車税納税証明など専門的な複数の証明書類が入り用です。引っ越しをしていたり結婚したりして車検証や印鑑証明書などの姓や住所が表記と異なる際には訂正するために幾つか書類の提出を求められますから、身辺の移動があったときには売却に関しての必要書類を早めに確認しておくと良いでしょう。

About the author

慎二

View all posts