法改正によって、平成17年1月から自動車リサイクル法が始まっ

現物査定を受ける場合、タイヤの損傷や摩耗などで買取額アップの

現物査定を受ける場合、タイヤの損傷や摩耗などで買取額アップの交渉をすることもできるので痛んでいないタイヤであることが高い評価を得られるといえますが、良い状態のタイヤでなくても、査定のためにタイヤを替える必要はありません。

かけたコストに見合った査定額にはなりません。 Continue reading