車の査定額に不満があれば、納得のできる価格、査定金額を

もしも、車の査定金額が下がる可能性があるとすれば、標準

もしも、車の査定金額が下がる可能性があるとすれば、標準年間走行距離が1万キロを超えている、一般好みされない車体色である、車体になんらかの傷や汚染が見られる、付属品の破損がある、車内での喫煙等が挙げられます。

さらに、車体に修理をしたことがある場合も査定金額への関連が大きいと言えます。 Continue reading