車の査定は出張査定をしても、基本的にはどの買取業者も無料で

車の査定を受けるときには他社のパーツを付けて

車の査定を受けるときには他社のパーツを付けている車は幅広い意味で評価が下がってしまうのでメーカーのパーツを元に戻すようにしてください。ただし、メーカーの部品に戻すのに工事費がかかるときは、上乗せ額よりも工事費の方が高くつくため元に戻さずに、そのまま出しちゃったほうがよろしいかと思います。 Continue reading

愛車を手放す際に、業者を通さないでも全部の契約手続きを

愛車を手放す際に、業者を通さないでも全部の契約手続きを

愛車を手放す際に、業者を通さないでも全部の契約手続きを自分で実施可能な暇と知識があるのならば、個人間の取り引きの方が業者を介さないので最も得をする売り方でしょう。



個人売買するときにいざこざが起きやすいのが名義変更に関することとお金に関することです。 Continue reading

10対0で先方に過失があって追突され、車に損傷が生じた

10対0で先方に過失があって追突され、車に損傷が生じた

10対0で先方に過失があって追突され、車に損傷が生じた場合、それだけでも深刻なのに、事故歴があるとして下取りでも買取査定でも、ガタッと査定額が下がってしまうことがあります。恨めしいところですが、事故の相手にはこのマイナス分は請求できるのでしょうか。 Continue reading

自動車の売却などの際には、自分が充分に注意していても、事前

自動車の売却などの際には、自分が充分に注意していても、事前

自動車の売却などの際には、自分が充分に注意していても、事前に予測できないいざこざに遭遇してしまうケースがあるのです。自動車を売却する際にたまに遭遇する案件として、もうすでに契約が終わっているのに「問題が新たに見つかった」などといわれて買取額を減額すると通達される場合があるのです。 Continue reading