買い取り業者を利用した車査定で、特に注意するべきは、客を

具体的に車の下取り金額が下がるとすれば、毎年1万キ

具体的に車の下取り金額が下がるとすれば、毎年1万キロ以上の走行がある、車体のカラーの需要がない、車体になんらかの傷や汚染が見られる、装備品に不備がある、タバコの臭いが染み付いている、などが見られます。

特に、故障等での修理がなされているかどうかは下取り額に差が出る原因となります。 Continue reading

業者が提示した買取額で了解し、売買契約に署名捺印するとなれば、

車を業者に買い取ってもらうときは、年式と走行距離で査定

車を業者に買い取ってもらうときは、年式と走行距離で査定価格に大きな違いが生じます。

車好きの人なら知っているかもしれませんが、およその基準があって、1年に10000kmを標準とするので5年前の車なら5万kmをベースに計算し、同じ車なら、走行距離が短いと査定にプラスされ、10万超だとマイナス査定というより、見た目が良くても、値段がつけにくい車となります。 Continue reading

今回手放した車は車検期間もあまり残っておらず、年式も古か

二重査定という制度は中古カーセンサ

二重査定という制度は中古カーセンサー買取査定一括査定業者においては制度としては好都合ですが、利用者にはずいぶん不利なものです。悪質業者にかかると、二重査定という制度を巧みに使って、かなり査定額を下げるリスクもあります。 Continue reading